アーバスキュラー菌根菌がかかわる前作効果におよぼす土壌水分・リン酸肥沃土の影響

アーバスキュラー菌根菌がかかわる前作効果におよぼす土壌水分・リン酸肥沃土の影響

タイトルアーバスキュラー菌根菌がかかわる前作効果におよぼす土壌水分・リン酸肥沃土の影響
要約アーバスキュラー菌根菌と共生する作物は、後作物の生育・収量を高める。この前作物の効果は、土壌のリン酸肥沃度をトルオーグリン酸25mg/100gまで高めても認められ、土壌水分が低い場合に大きい。しかし、前作効果がみられない土壌も存在する。北海道農業試験場・生産環境部・養分動態研究室[連絡先] 011-857-9243
担当機関北海道農業試験場 生産環境部 養分動態研究室
連絡先011-857-9243
区分(部会名)北海道農業
専門肥料
分類研究
背景・ねらいアーバスキュラー菌根菌(菌根菌)非共生作物の栽培は土壌中の菌根菌密度を低減させるため、後作に栽培した菌根菌共生作物の菌根菌感染率、生育・収量は低い。一方、菌根菌共生作物の栽培は、後作物の菌根菌感染率、生育・収量を向上させる。この前作効果は、年次や場所により現われ方が異なる。菌根菌を考慮した作付順序が有効な場面を選定するために、土壌条件がこの前作効果におよぼす影響を検討する。
成果の内容・特徴(図1)、土壌リン酸の有効性も改善されるため、前作効果は小さくなる。
(図2b)ため、リン酸肥沃度の上昇により前作効果はみられなくなる。
(図3)、有効態リン酸25mg/100g以下でも効果が認められない土壌が存在する。このような土壌間の差は、土壌-菌根菌-作物のそれぞれに効果的な組合せが存在するために生ずると考える。
成果の活用面・留意点1. 菌根菌を考慮にいれた栽培順序を導入すべき場所を選定する際の判断材料となる。
2. 菌根菌の動態を調査するうえでの参考とする。
3. 土壌によっては前作効果のみられない要因を明らかにする必要がある。
 
予算区分大型別枠(新需要創出)
研究期間1997~1997
研究担当者笠原賢明、建部雅子、唐澤敏彦、有原丈二
発表論文Effect of previous crops on the arbuscular mycorrhizal formation of maize plants under different soil moisture condition , Plant Nutrition for Sustainable Food Production and Environment, 761-762,1997
発行年度1997
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat