カーネーションの一回半摘心作型による出荷時期延長

カーネーションの一回半摘心作型による出荷時期延長

タイトルカーネーションの一回半摘心作型による出荷時期延長
要約カーネーション出荷時期の10、11月への延長および平準化を目指した加温一回半摘心作型では、中生品種を用い、定植期は3月中旬とし、摘心法は2/4が適する。収益性は従来の一回摘心に比べやや低い。
担当機関北海道立道南農業試験場 研究部 園芸科
連絡先0138-77-8116
区分(部会名)作物
区分(部会名)北海道農業
専門栽培
研究対象花き類
分類指導
背景・ねらいカーネーションの出荷時期の秋(10、11月)に向けた延長、平準化を目指した新しい作型、加温一回半摘心作型を開発する。
成果の内容・特徴
  1. 一回半摘心作型において、定植期については、2月中旬と3月中旬で10、11月収量が変わらないことや、暖房費を考慮すると3月中旬が適する(図1)。
  2. 早生品種は早期に採花終となるため10、11月収量が少なく、中晩生品種では切り残しの危険性があるため中生品種が適する(図2)。
  3. 一回半摘心により一番花の採花ピークが小さくなり、採花時期が後期へ分散化する(図3)。
  4. 摘心法は、採花時期の分散化や切花品質を考慮すると2/4摘心(2回目摘心本数/1回目摘心後仕立て本数、2回目摘心茎は2本仕立て)が適する(図3、図4)。
  5. 疎植にすることにより、採花率、切花品質が向上する(図5)。
  6. 販売単価が同じであるとすれば、一回摘心に比べ一回半摘心作型の収益性がやや低い。
成果の活用面・留意点
  1. 全道における加温作型に適応する。
  2. 経済試算は道南地方についてのみ適応する。
[平成10年度北海道農業試験会議成績会議における課題名及び区分]
課題名:カーネーションの一回半摘心作型による出荷時期延長(指導参考)
具体的データ
図1
図2
図3
図4
図5
表1
予算区分道費
研究期間1997~1998
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat