高製パン性春まき小麦新品種候補系統「北見春59号」

高製パン性春まき小麦新品種候補系統「北見春59号」

タイトル高製パン性春まき小麦新品種候補系統「北見春59号」
要約春まき小麦「北見春59号」はハルユタカと比較して、赤かび病抵抗性に優れ、成熟期の穂発芽抵抗性はやや優れる。収量性は優れるが、うどんこ病抵抗性は劣る。製粉性はやや劣るが、製パン適性は優れる。
担当機関北海道立北見農業試験場 研究部 小麦科
連絡先0157-47-2146
区分(部会名)北海道農業
区分(部会名)作物
専門育種
研究対象麦類
分類普及
背景・ねらい春まき小麦の主要品種であるハルユタカは短強稈・多収品種として育成され、その当時作付けされていたハルヒカリ、農林61号に置き換わり、急速に普及した。しかし、ハルユタカは赤かび病抵抗性、穂発芽抵抗性が弱く、成熟期前後に降雨が続くと穂発芽が発生し、近年、生産が安定せず、作付けも減少してきている。しかし、春まき小麦は蛋白含量が高いため、製パン用のみならず、醸造(醤油)用としての需要が生産量を大幅に上回っている。そのため、ハルユタカより、安定的に多収で、製パン性の優れる品種の育成が強く望まれている。
成果の内容・特徴
  1. 「北見春59号」は、昭和61年度に、良質、穂発芽性難の北系春575(後の、春のあけぼの)を母とし、多収の北系春533を父として人工交配を行い、選抜、固定を図ったものである。
  2. 出穂期、成熟期とも「ハルユタカ」とほぼ同程度の中生種である。
  3. 稈長、穂長とも「ハルユタカ」とほぼ同程度である。穂数は「ハルユタカ」よりやや少ない。
  4. 「ハルユタカ」より多収で、千粒重も「ハルユタカ」より大きい。リットル重は「ハルユタカ」と同程度で、外観品質は「ハルユタカ」より優れる。
  5. 赤さび病抵抗性は「ハルユタカ」よりやや劣る。うどんこ病抵抗性は「ハルユタカ」より劣る。赤かび病抵抗性は「ハルユタカ」より優れる。
  6. 穂発芽性は「ハルユタカ」よりやや優れる。
  7. 原粒灰分は「ハルユタカ」より低く、蛋白含量は「ハルユタカ」とほぼ同程度である。製粉歩留は「ハルユタカ」よりやや低く、ミリングスコアは「ハルユタカ」と同程度であり、製粉性は「ハルユタカ」よりやや劣る。
  8. 製パン適性は「ハルユタカ」より優れる。
成果の活用面・留意点
  1. 「北見春59号」を北海道内のハルユタカの一部に置き換えて栽培することにより、北海道産春まき小麦の安定生産を図る。
  2. 融雪後できるだけ早期に播種し、成熟期を早め、収量・品質の向上を図る。穂発芽性はやや難であるが、刈り遅れによる品質低下や黒目粒発生の増加が懸念されるので、適期収穫を励行する。うどんこ病に対する抵抗性は不十分なので、適期防除に努める。

平成11年度北海道農業試験会議成績会議における課題名及び区分
課題名:春まき小麦新品種候補「北見春59号」(普及奨励)
具体的データ
予算区分指定試験、新品種緊急開発
研究期間1998~1999
研究担当者柳沢 朗、天野 洋一、田引 正、谷藤 健、吉村 康弘、中道 浩司、土屋 俊雄、前野 眞司、荒木 和哉、三上 浩輝、牧田 道夫、佐々木 宏
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat