メロンセル成型苗の直接定植栽培技術

メロンセル成型苗の直接定植栽培技術

タイトルメロンセル成型苗の直接定植栽培技術
要約メロンについて、50穴セルトレイで1週間程度育苗したセル成型苗の直接定植は、活着が良好で、慣行苗と同等以上の収量性を示し、育苗期間が大幅に短縮され、省力化が図られる。6月上旬以降に定植となる露地トンネル栽培に適応する。
担当機関北海道原子力環境センター 農業研究科
連絡先0135-74-3131
区分(部会名)作物
区分(部会名)北海道農業
専門栽培
研究対象果菜類
分類指導
背景・ねらいメロンの栽培作業は多岐にわたり、10a当たりの労働時間が500時間近くを要する集約型の作物である。労働時間の短縮、作業の効率化を図るため、セル成型苗を利用した直接定植栽培技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. セル内の用土量が多い50穴苗は、生育、根張りが128穴苗よりも良好である(表1)。
  2. 活着の促進には、定植前の植え穴潅水(200ml)、または株元近くへの潅水チューブによる潅水が有効である(表2)。
  3. 5月下旬~6月上旬に定植したセル苗の生育・収量・品質は慣行苗に比べ同等以上の結果が得られる(表3)。
  4. 同一品種内ではセル苗、慣行苗とも観察による草勢の差は認められない。各品種とも、収量・品質はセル苗が優っている。
  5. 播種後1週間程度育苗したセル成型苗(子葉苗)を利用すると、10a当たりの労働時間が約445時間となり、慣行育苗に比べると約10%省力化できる(表4)。
成果の活用面・留意点
  1. 6月上旬以降に定植となる露地トンネルの作型に適応する。
  2. 50穴セルトレイで1週間程度育苗したセル成型苗(子葉苗)を用いる。
  3. 定植適期(苗齢)が限定されるので、計画的な播種、ほ場の準備を行う。
  4. セル成型苗では特に草勢は強くならないが、施肥量、潅水法に留意し、適正な草勢管理に努める。

平成11年度北海道農業試験会議成績会議における課題名及び区分
課題名:メロンセル成型苗の直接定植栽培技術(指導参考)
具体的データ
表1
表2
表3
表4
予算区分道単
研究期間1999~1999
研究担当者稲津 脩、小田義信、福川英司
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat