コムギ縞萎縮ウイルスの検出技術

コムギ縞萎縮ウイルスの検出技術

タイトルコムギ縞萎縮ウイルスの検出技術
要約コムギ縞萎縮ウイルスの外被タンパク質遺伝子を単離し、遺伝子組換え技術によって、大腸菌でウイルス抗原を大量に発現させ、抗体を作成した。作成した抗体によるエライザ法で、コムギからウイルスを検出できる。
担当機関北海道大学大学院 農学研究科
北海道立中央農業試験場 農産工学部 遺伝子工学科
連絡先01238-9-2001
区分(部会名)北海道農業
専門バイテク
研究対象麦類
分類指導
背景・ねらいコムギ縞萎縮ウイルス(WYMV)は,コムギの根に寄生する土壌菌Polymyxa graminisによって媒介される土壌伝染性のウイルスである。現在の主要品種「ホクシン」は,コムギ縞萎縮病に弱く,「ホクシン」の作付増加に伴い,本ウイルスの分布が拡大している。そこで,道内における発生実態調査および抵抗性系統の早期選抜のために,遺伝子工学的手法を利用して,コムギ縞萎縮ウイルスの実用的な検出技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 伊達市「ホクシン」の病葉から,コムギ縞萎縮ウイルスのRNAを抽出し,RT-PCR法によって外被タンパク質(CP)遺伝子を単離した。
  2. 単離したCP遺伝子を大腸菌に組み込んだところ,コムギ縞萎縮ウイルスの外被タンパク質(CP)を大量に発現させることができた(図2)。大量発現したCPをカラムで精製して,抗血清作成のための抗原を得た。
  3. 得られた抗原をウサギに免疫し,抗血清(抗体)を作成した。作成した抗体を用いたエライザ法によって,病葉の10,000倍希釈液からもウイルスを検出できる(図3)。
  4. エライザによるコムギからのウイルス検出部位を検討した結果,最上位展開葉では吸光値が低下し(図4),葉身部位では先端で吸光値が高まった。したがって,エライザ検定は,最上位展開葉の1枚下の葉の先端部を検定用サンプルとする。
成果の活用面・留意点
  1. エライザ法は,発生実態調査,品種系統の抵抗性検定など,コムギ縞萎縮ウイルスの検出に幅広く活用できる。

平成12年度北海道農業試験会議成績会議における課題名及び区分
課題名:コムギ縞萎縮ウイルスの検出技術の確立(指導参考)
具体的データ
図2
図3
図4
図1
予算区分道単
研究期間1997~2000
研究担当者磯貝雅道、高橋葉子、山名利一、上田一郎、竹内 徹、畑谷達児、堀崎敦史
発表論文大腸菌で発現した外被タンパク質より作成した抗体によるコムギ縞萎縮ウイルスの検出,日植病報,第64巻.第6号.583.1998.(講要)
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat