ペチュニア・PhSUP2 遺伝子の導入によるトレニアの形態改変

ペチュニア・PhSUP2 遺伝子の導入によるトレニアの形態改変

タイトルペチュニア・PhSUP2 遺伝子の導入によるトレニアの形態改変
要約ペチュニアの転写因子遺伝子・PhSUP2をCaMV35Sプロモーターに連結しトレニアで恒常的に発現させると、草丈が低くなる等の形態の変化が生じる
キーワードトレニア、形質転換、形態改変、草姿、転写因子遺伝子
担当機関(独)農業技術研究機構 花き研究所 生理遺伝部 育種工学研究室
連絡先029-838-6813 / ryu@affrc.go.jp / ryu@affrc.go.jp
区分(部会名)花き
分類科学、参考
背景・ねらい花きにおいて草姿は観賞価値を左右する重要な形質であり、わい化等により観賞性が向上する場合も多い。ペチュニアから単離された転写因子遺伝子・PhSUP2(旧名 PetSPL2)をCaMV35Sプロモーターに連結し(35S/PhSUP2)ペチュニアに再導入すると、わい化等の形態の変化が生じることが明らかになっている。そこで、同遺伝子をトレニアに導入し形態を改変したトレニア形質転換体を作出する。
成果の内容・特徴1.
35S/PhSUP2を導入したトレニア形質転換体は、茎の帯化、節間の短縮等の変異を示す(図1左)。花弁は筒状部が短縮する(図1右)。
2.
後代植物においても、本遺伝子を有する場合は、茎の帯化、節間の短縮等の変異を示す(図2)。
3.
以上の結果、トレニアにおいてペチュニア・PhSUP2を恒常的に発現させると、形態が変化することが明らかである。本結果は、ペチュニア以外の植物種における初めてのPhSUP2利用例である。
成果の活用面・留意点1.
トレニアの形態の改変に利用できる。
2.
本方法により、他の植物種においても形態を改変した個体を作出できる可能性がある。
具体的データ
図表
図表
予算区分総合研究[地域実用化]
研究期間2000~2002
研究担当者間竜太郎、柴田道夫、高辻博志(生物研)、岸本早苗、大宮あけみ
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat