シロイヌナズナの光によるFT遺伝子発現誘導にはジベレリンが必要である

シロイヌナズナの光によるFT遺伝子発現誘導にはジベレリンが必要である

タイトルシロイヌナズナの光によるFT遺伝子発現誘導にはジベレリンが必要である
要約 シロイヌナズナにおいて、長日処理によるFT遺伝子発現誘導にはジベレリン(GA)が必須であり、日長処理時の光量と光質が影響する。さらに、FTタンパク質と比較して効果は小さいながらもGAがフロリゲン様作用をもつ。
キーワードジベレリン、FT、花成、シロイヌナズナ、光質(R/FR)
担当機関(独)農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所 生育開花調節研究チーム
連絡先029-838-6819
区分(部会名)花き
分類研究、普及
背景・ねらい
 植物の生長発育過程において花成は重要なイベントである。最近、シロイヌナズナのFT遺伝子発現に及ぼす光条件とGAの影響について調査し、長日植物の花成におけるこれら要因の相互関係について検討する。
成果の内容・特徴
  1. シロイヌナズナの開花は1回の長日刺激で誘導可能である(図1)。この花成誘導はFT遺伝子の発現誘導にGAが必要であることを示したはじめての報告である。

成果の活用面・留意点
  1. 花き類の花成誘導機構解析に利用できる。
  2. 光の波長のうち、赤色光領域(R:600~700nm)と遠赤色光領域(FR:700~800nm)の比率をR/FRで示す。本実験では、FR-rich光源として白熱灯(R/FR = 0.8)ならびにR-rich光源として白色蛍光灯(R/FR = 4.5)を使用した。
具体的データ
図1 シロイヌナズナの花成誘導(A)ならびに葉におけるFT mRNA発現に及ぼす長日1回処理時の光質、光量の影響(B).エコタイプ Columbiaを供試し、22℃、短日(SD:8時間日長、PPFD:100μmol m-2 s-1、白色蛍光灯、R/FR = 4.5)条件で実施。長日処理(16時間)時の光源にはFR-rich光源、R/FR = 0.8; R-rich光源、R/FR = 4.5を用いた。 光強度はHigh (100μmol m-2 s-1), Low (10μmol m-2 s-1)とした。
図2 シロイヌナズナGA欠損変異体(ga1-3)の花成誘導における長日処理と葉身へのGA投与の影響.花成反応(A)、開花所要日数(B)、葉におけるFT mRNA発現(C).SD: 8h日長条件, LD: 長日(16h) 1回処理後, SD条件で栽培
予算区分基盤、高度化事業
研究期間2004~2007
研究担当者R.W.King(CSIRO)、久松 完
発表論文1)King et al. (2008) J. Exp. Bot. 59: 3811-3820.
2)Hisamatsu and King (2008) J. Exp. Bot. 59: 3821-3829.
発行年度2008
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat