CD-ROM版による果樹試験場育成品種情報提供システム

CD-ROM版による果樹試験場育成品種情報提供システム

タイトルCD-ROM版による果樹試験場育成品種情報提供システム
要約果樹の品種情報として、樹種ごとに品種名、登録状況、育成場所、品種の説明などを HTML 化し、CD-ROMとして効率的に情報提供できるシステムを開発した。本CD-ROMにより、果樹生産者などはインターネットに接続しなくても自由に時間をかけて情報を検索することができる。
担当機関果樹試験場 企画連絡室 研究技術情報官
連絡先0298-38-6412
区分(部会名)果樹
専門情報処理
研究対象果樹類
分類普及
背景・ねらい最近の情報技術の進歩により、CD-ROM作成のために必要なハードウェア(CD-RW)などの価格が低下し、CD-ROM作成が容易になってきている。

果樹生産者など利用者が電話回線を利用してインターネットに接続した場合、通信速度や電話回線の混雑などによるデータ転送速度の問題を生ずるがCD-ROMではこの問題が解消され、また、自由に時間をかけて検索したい場合などにも対応できる。

そこで、1999年度(平成11年度)、果樹試験場がインターネットを介して果樹品種情報を検索できるシステムとして開発した「果樹品種情報検索システム」をCD-ROMとして再開発・作成し配布する。
成果の内容・特徴
  1. インターネット版「果樹品種情報検索システム」は2つのフリーキーワードによる全文検索 (and/or検索)もできるように設計・開発されているが、CD-ROM版の主な利用者が果樹生産者、普及関係者であることを想定して、より使いやすくするため、樹種ごとに分類し、品種名による検索手法を採用した(図1、2)。
  2. 作成した各ファイルは「果樹試験場育成品種情報提供システム」の初期画面にリンクを張り、パソコンに表示される写真を参考に、マウスで品種名をクリックすることにより品種情報を表示できる(図2)。
  3. 品種情報は、農林水産省果樹試験場でこれまで育成された約120品種について、樹種ごとに品種名、その品種に関する命名登録状況、品種登録状況、交配年、交配組み合わせ、品種の説明、育成場所(果樹試験場育成担当者)、参考文献名、研究成果情報、品種の特徴が分かるようなカラー写真画像(樹姿、花、果実、その他のサムネイル画像と標準画像)、データ入力年月、データ提供者の所属氏名などをHTMLにより記述し、新たに約120個のファイルをそれぞれ作成した(図2、3、4)。
  4. CD-ROMをパソコンで利用するためには、使用するパソコンにあらかじめInternet Explorer、Netscape NavigatorなどのWWWブラウザがインストールされている必要がある。
    また、CD-ROMはパソコンのOSとしてWindows95/98/Me/NT/2000又はMAC OSにそれぞれ対応できるようにした。
成果の活用面・留意点
  1. CD-ROMで提供している情報は、全て果樹試験場関係研究室の協力を得て蓄積したものであり、画像や情報内容に関する著作権はデータの提供元である各関係研究室にあるので、画像などを無断でコピーして利用することは禁止されている。
  2. 開発したCD-ROMは希望者に対し無償で配布している。
具体的データ
図1
図2
図3
図4
予算区分経常
研究期間1998~2002
研究担当者鈴木大助
発表論文1)CD-ROM「果樹試験場育成品種情報提供システム」の作成, 果樹試報(投稿中).
2)CD-ROM を利用した果樹研究成果の活用とその具体的事例, 今月の農業,44(12), 58-61, 2000.
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat