ミカンヒメコナカイガラムシの性フェロモンを利用した幼虫発生時期予測法

ミカンヒメコナカイガラムシの性フェロモンを利用した幼虫発生時期予測法

タイトルミカンヒメコナカイガラムシの性フェロモンを利用した幼虫発生時期予測法
要約 ミカンヒメコナカイガラムシ性フェロモン成分の構造は2,2-dimethyl-3-(1-methylethenyl)cyclobutanemethyl 3-methyl-3-butenate であった。この物質を利用してミカンヒメコナカイガラムシ幼虫発生時期の簡易予測が可能となる。
キーワードミカンヒメコナカイガラムシ、フェロモン、発生時期予測
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 果樹研究所 カンキツ研究部 虫害研究室(独)農業環境技術研究所 生物環境安全部 昆虫研究グループ 連絡先0957-86-2306 / xx145112@naro.affrc.go.jp / xx145112@naro.affrc.go.jp 区分(部会名)果樹 分類科学、参考 背景・ねらい
ミカンヒメコナカイガラムシの幼虫発生時期は齢構成を把握することで予測できる。しかしながら本種は葉と葉の重なりの間など目立たないところに潜む性質が強く、低密度時には齢構成を把握するのは困難である。そこで、ミカンヒメコナカイガラムシの性フェロモンを解明し、フェロモンに誘引された雄成虫の消長から幼虫発生時期を予測し、適期防除を簡易に行うための基礎とする。
成果の内容・特徴
1.
空気中に放出されたミカンヒメコナカイガラムシ性フェロモンを捕集剤で捕集し、ヘキサン抽出したものを各種クロマトグラフィーにより精製後、GC-MS、C13NMRで解析し、その構造を2,2-dimethyl-3-(1-methylethenyl)cyclobutanemethyl 3-methyl-3-butenate と同定した(図1)。
2.
フェロモンを濾紙に含ませ、風乾したものを黄色粘着トラップに貼り付けて露地に設置したところ、雄成虫が捕獲される(図2)。
3.
性フェロモンに誘引された雄成虫の捕獲時期から10℃以上の積算温度が302日度(雌成虫の産卵前期間の発育零点と有効積算温度)に達した時期と幼虫の発生時期とが一致する(図2)。
成果の活用面・留意点1.
使用するトラップの形状と雄の捕獲効率との関係を調査する必要がある。
2.
フェロモンを濾紙に含浸させたものでは長期間にわたり雄成虫を誘引することができないため、フェロモンを長期間安定して放出する封入剤の開発が必要である。
具体的データ 図1
図2
予算区分交付金 研究期間1997~2000 研究担当者三代浩二(果樹研)、新井朋徳(果樹研)、杉江 元(農環研)、大平喜男(果樹研) 発表論文1) Arai (2002) Appl. Entomol. Zool. 37(1): 69-72.
2) Arai et al. (2003) J. Chem. Ecol. 29 (10): 2213-2223. 特許出願(公開)3) 特許申請「新規エステル化合物及びその用途」(特願2002-328482) 発行年度2003 収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat