「ピノ・ノワール」から「ピノ・ブラン」への変異はVvmybA1欠失が原因である

「ピノ・ノワール」から「ピノ・ブラン」への変異はVvmybA1欠失が原因である

タイトル「ピノ・ノワール」から「ピノ・ブラン」への変異はVvmybA1欠失が原因である
要約 黒色系ブドウ品種「ピノ・ノワール」から黄緑色系ブドウ品種「ピノ・ブラン」への果皮色変異は、アントシアニン合成を制御する転写因子遺伝子VvmybA1を含むゲノム領域の欠失が原因である。
キーワードブドウ、果皮色変異、アントシアニン、転写因子、SSR、Myb遺伝子
担当機関(独)農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所 ブドウ カキ研究チーム
連絡先0846-45-4719 / www-fruit@naro.affrc.go.jp / www-fruit@naro.affrc.go.jp
区分(部会名)果樹
分類研究、参考
背景・ねらい ブドウの黄緑色品種「ピノ・ブラン」は、黒色品種「ピノ・ノワール」の果皮色変異体(枝変わり)と考えられているが、果皮色が黒色から黄緑色に変異した原因は不明である。ブドウのアントシアニン合成では、Myb様転写因子遺伝子VvmybA1がその合成を誘導する機能をもつことがわかっている。そこで、「ピノ・ブラン」における果皮色変異の原因がVvmybA1に起因するのか明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 8種類のSSRマーカーを用いた解析において、SSRプロファイルが両品種で完全に一致することから、「ピノ・ブラン」は「ピノ・ノワール」の枝変わりである(データ略)。
  2. VvmybA1を含むDNA領域をサザン分析すると、「ピノ・ノワール」に存在するDNA断片が「ピノ・ブラン」のバンド中に検出されない(図1)。
  3. アントシアニン合成系酵素遺伝子であるChs3(chalcone synthase)およびUfgt (UDP-glucose:flavonoid 3-O-glucosyltransferase)は、両品種間で相対DNA量に有意な差はないが、VvmybA1の相対DNA量は、「ピノ・ブラン」では「ピノ・ノワール」の約半分である(表1)。
  4. 「ピノ・ノワール」由来のゲノミック・クローンからは、レトロトランスポゾン(Gret1)の挿入により転写機能を失ったVvmybA1aと、転写機能のあるVvmybA1cの2種類が単離される。一方、「ピノ・ブラン」からは、転写機能のないVvmybA1a だけが単離される(図2)。このことは、「ピノ・ブラン」はアントシアニン合成を誘導する機能のあるVvmybA1を含むゲノム領域が「ピノ・ノワール」から欠失したヌル変異であることを示す。
成果の活用面・留意点
  1. ブドウの果皮色変異の機構解明に利用できる。
  2. 「ピノ・ブラン」では「ピノ・ノワール」のゲノム領域のどの部分が欠失したのか正確には明らかになっていない。
具体的データ
図1 「ピノ・ノワール」(N)と「ピノ・ブラン」(B)のサザン分析  *:「ピノ・ブラン」で検出されないバンド、M:分子量マーカー(λEcoT14I)
図2 「ピノ・ノワール」と「ピノ・ブラン」由来のゲノミック・クローンの構造  Gret1: Grapevine retrotransposon1
予算区分二次代謝
研究期間2004~2006
研究担当者後藤(山本)奈美(酒総研)、三谷宣仁、小林省藏、鄭硯秦(酒総研)、東 暁史、末田 有(丹波ワイン)、薬師寺博
発表論文Yakushiji et al., (2006) Biosci, Biotechnol. Biochem., 70: 1506-1508.
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat