DNAマーカーを利用した自家和合性オウトウの効率的選抜

DNAマーカーを利用した自家和合性オウトウの効率的選抜

タイトルDNAマーカーを利用した自家和合性オウトウの効率的選抜
要約自家和合性遺伝子S4'を持つオウトウ品種・系統を用いた組合せから得られた後代実生について、DNAマーカーを用いてS遺伝子型を判定することにより、播種当年で自家和合性を有する実生を効率的に選抜することができる。
キーワードオウトウ、自家和合性、S遺伝子型、DNAマーカー
担当機関山形県農業総合研究センター 農生技試 バイオ育種科
連絡先0237-84-4125 / nogishi@pref.yamagata.jp / nogishi@pref.yamagata.jp
区分(部会名)果樹
区分(部会名)東北農業
専門育種
専門生物工学
分類研究、参考
背景・ねらいオウトウは自家不和合性を示し結実が不安定なため、気象条件や受粉樹の有無に左右されずに結実が安定する自家和合性優良品種の育成が大きな課題である。
このため、品質に優れた自家和合性品種の作出を目的に、花粉側の自家不和合遺伝子が変異した自家和合性遺伝子S4'を持つ品種・系統を用いた交雑を行い、これにより得られた後代実生について既存DNAマーカーを用いてS遺伝子型を判定することにより、自家和合性品種を効率的に育成、選抜する。
成果の内容・特徴
  1. 自家和合性遺伝子S4'を持つオウトウ品種・系統を用いた組合せの後代実生について、未展開葉よりゲノムDNAを抽出し、プライマーセットPru-C2+PCE-R並びにMbS4F+emS4Rを用いたPCR(Yamane et al 2002,Ikeda et al 2004)を行うことによりS遺伝子型を判定することで、播種当年でS4'を持つ個体を選抜できる。また、本プライマーにより判定されたS4'を持つ個体はすべて自家和合性となり、表現型と一致した(図1、表1)。
  2. 判定個体数については、交雑の組合せから想定される理論値とほぼ一致する(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 今回選抜された、S4'のホモ接合体並びにS4'遺伝子を有する実生については、自家和合性品種育成の母本として活用できる。
  2. PCRの手法が掲載されている原著論文(参考とした文献)
    1. Yamane H, Tao R, Sugiura A, Hauck NR, Iezzoni AF (2001) Identification and characterization of S-RNases in tetraploid sour cherry (Prunus cerasus L.). J. Amer. Soc. Hort. Sci. 126:661-667
    2. Ikeda K, Watari A, Ushijima K, Yamane H, Hauck NR, Iezzoni AF, Tao R (2004) Molecular Markers for the Self-compatible S4'-haplotype, a Pollen-part Mutant in Sweet Cherry (Prunus avium L.). J. Amer. Soc. Hort. Sci.129:724-728
具体的データ
図1 プライマーセットPru-C2+PCE-RによるS遺伝子型の判定
表1 オウトウ自家和合性調査
表2 S4'遺伝子を有する品種・系統の組合せによる後代実生のS遺伝子型判定結果
予算区分指定試験
研究期間2006~2010
研究担当者丸川 崇、池田和生、石黒 亮、新野 清、西村幸一 
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat