やまのいも育種技術の改善

やまのいも育種技術の改善

タイトルやまのいも育種技術の改善
要約 やまのいもの交雑育種において、交配後30日から40日間果培養を行い、種子培養を省略することにより、交雑実生獲得までの期間を短縮できる。
キーワードやまのいも、交雑育種、種子培養、果培養、交雑実生
担当機関十勝農試 作物研究部 てん菜畑作園芸科
連絡先0155-62-2431 / torikosi@agri.pref.hokkaido.jp / torikosi@agri.pref.hokkaido.jp
区分(部会名)北海道農業
分類科学、参考
背景・ねらい
やまのいも類の交雑育種において、これまで未熟な胚の生育を促すために、交配後に果培養、種子培養、胚培養と3段階の培養を行っており、煩雑な作業と長い培養期間を要する。そこで労力の軽減と培養期間の短縮を目指し、交雑実生獲得のための効率的な育種技術を確立するために、交配および培養方法を検討した。
成果の内容・特徴1.
交配後の培養処理の効果は、その後の胚の生育から種子培養を省略し、果培養のみで十分である(図1)。
2.
果培養を開始する時期はその後の胚の生育から交配後30日程度が良い(図2)。
3.
果培養期間は胚の形状や大きさから40日以上で、果および種子が褐変した時期に胚を摘出することが良い(図3)。
4.
種子培養を省略することによって、交配からポット栽培までの期間を現行より50日間短縮できる(図4)。ビニールハウスでポット栽培を行う場合は6月上旬までに幼苗を馴化・定植することにより翌年に圃場栽培出来うる種いもが得られる。
5.
いちょういもとながいもの交配において、交配前1週間の気温は最高気温が34℃程度あれば最低気温が18℃程度であっても、十分に種子を獲得できる(表1)。
成果の活用面・留意点本試験は雌株にいちょういも、雄株にながいもを用いた交雑に関する試験であり、他のやまのいも類では未検討である。
具体的データ
図1
図2
図3
図4
表1
予算区分共同研究
研究期間2000~2002
研究担当者鳥越昌隆、西田忠志、高宮泰宏、黒崎友紀、入谷正樹
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat