大玉で耐寒性の強いおうとう新品種候補系統「HC1」

大玉で耐寒性の強いおうとう新品種候補系統「HC1」

タイトル大玉で耐寒性の強いおうとう新品種候補系統「HC1」
要約おうとう「HC1」は、6月下旬に収穫盛期を迎え、「佐藤錦」より数日早く収穫できる。果実は同時期に収穫できる品種に比べて大きい。耐寒性が「北光」並みに強く、S遺伝子型はS3S5でほとんどの栽培品種と交配親和性を有する。
キーワードオウトウ、大玉、耐寒性、交配親和性、S遺伝子型
担当機関北海道立中央農業試験場 作物開発部 果樹科
連絡先0123-89-2285 / tinoue@agri.pref.hokkaido.jp / tinoue@agri.pref.hokkaido.jp
区分(部会名)北海道農業
分類技術、普及
成果の活用面・留意点
  1. おうとう「HC1」は「南陽」の自然交雑実生から選抜した系統である。
  2. 樹勢は強く、樹の生育は旺盛である。満開期は「佐藤錦」、「北光」より1~3日早く、「南陽」より2~5日早い。収穫盛期は6月下旬で、「佐藤錦」より数日早い。生産性は「佐藤錦」、「北光」並みで、「南陽」より高い(表1)。
  3. 果実は黄色い地色に赤く着色する。果実重は6.3~8.1gで「佐藤錦」、「北光」よりも大きい。糖度は13.9~15.3%、酸度は0.52~0.64g/100mlで酸味をやや強く感じる(写真1、表1)。
  4. 耐寒性は「北光」並みに強い(表1)。
  5. 「佐藤錦」並みに裂果しやすい(表1)。
  6. S遺伝子型はS3S5であり、「佐藤錦」、「北光」、「南陽」に加えほとんどの栽培品種と交配親和性を有する。(表1、表2)。

  1. 裂果防止のため雨よけ被覆を実施する。
  2. 「南陽」と同様に黄変落葉することがあるが、生育等には大きな影響はない。
平成16年度北海道農業試験会議成績会議における課題名及び区分
おうとう新品種候補「HC1」(普及奨励)
具体的データ
図表
予算区分道費
研究期間1990~2004
研究担当者井上哲也、村松裕司、吉田昌幸、稲川裕、内田哲嗣、来嶋正朋、沢田一夫
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat