フリーストール飼養乳牛における乾乳期削蹄の持続効果

フリーストール飼養乳牛における乾乳期削蹄の持続効果

タイトルフリーストール飼養乳牛における乾乳期削蹄の持続効果
要約
    分娩前2ヵ月に削蹄した前・後肢蹄は、分娩後2ヵ月には内・外蹄蹄尖部の伸び方に差異が生じて削蹄効果が消失する。また、フリーストール牛舎導入後から後肢蹄球糜爛が悪化し、分娩後2ヵ月には内・外蹄荷重の不均衡が著しくなる。
キーワード
    飼育管理、乳用牛、削蹄、蹄荷重、蹄病
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 北海道農業研究センター 畜産草地部 家畜管理研究室
連絡先011-857-9307 / masaton@affrc.go.jp / masaton@affrc.go.jp
区分(部会名)畜産草地
区分(部会名)北海道農業
分類技術、参考
成果の活用面・留意点
  1. 削蹄直後と比べ、前・後肢ともに内蹄背壁長の増加が外蹄背壁長の増加に比べて大きい。その結果、削蹄後2~4ヵ月には前・後肢内蹄蹄尖角度は有意に低下する(図2)。一方、前・後肢ともに内・外蹄反軸側壁長の増加に顕著な違いはない。
  2. 削蹄後2ヵ月経過すると、後肢外蹄蹄踵高が有意に増加する。
  3. 削蹄後3~4ヵ月で外蹄に対する内蹄負面面積割合は後肢では有意に減少する。
  4. 削蹄後4ヵ月で、後肢では外蹄の荷重が内蹄を上回り、前肢では逆に内蹄荷重が外蹄を大きく上回り、内・外蹄荷重の不均衡が生じる。このとき、再度削蹄すると内・外蹄荷重のバランスは分娩前2ヵ月の削蹄直後に近い値に戻る(図3)。
  5. 前肢に比べて後肢の蹄角質硬度は低く、蹄球糜爛スコアは高い。しかし、前・後肢蹄角質硬度はともに分娩後有意に低下する。後肢の蹄球糜爛スコアは分娩後1~2ヵ月で有意に増加し、前肢では分娩後2ヵ月で有意に増加する(図4)。

  1. 削蹄は乾乳前期までに行い、分娩後2~3ヵ月で再び行うことが望ましい。
  2. 乾乳期間中はコンクリート床の屋外パドック、分娩後1週からはコンクリート床のフリーストール牛舎飼養で得られた結果である。
    平成16年度北海道農業試験会議(成績会議)における課題名および区分
    「フリーストール飼養乳牛における乾乳期削蹄の持続効果」(指導参考)
    具体的データ
    図表
    図表
    図表
    図表
    予算区分交付金
    研究期間2002~2004
    研究担当者伊藤秀一、森岡理紀、中村正斗、矢用健一
    発表論文1)中村ら(2004)平成15年度研究成果情報北海道農業:136-137
    発行年度2004
    収録データベース研究成果情報

    研究成果情報アクセスランキング

    Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

    Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat