先行後追放牧による搾乳牛用集約放牧草地の利用率向上

先行後追放牧による搾乳牛用集約放牧草地の利用率向上

タイトル先行後追放牧による搾乳牛用集約放牧草地の利用率向上
要約3頭/ha以下で年1回の採草兼用利用を伴う集約放牧条件下では、先行後追放牧による放牧草栄養価の改善効果は小さいが、牧草収量を低下させずに利用率を向上できる。先行牛の放牧草由来栄養摂取量を確保するためには割り当て草量の維持が重要である。
キーワード 牧草、メドウフェスク、ペレニアルライグラス、乳用牛、放牧
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 北海道農業研究センター 畜産草地部 放牧利用研究室
連絡先011-857-9313 / ksudo@affrc.go.jp / ksudo@affrc.go.jp
区分(部会名)畜産草地
区分(部会名)北海道農業
分類技術、参考
成果の活用面・留意点
  1. 年1回余剰草を採草兼用利用し、haあたり放牧頭数1.6頭で搾乳牛を半日放牧中の1日輪換放牧地に育成牛を24時間後追放牧し、放牧頭数2.7頭/haとすると、各放牧回次毎の利用率は32.3%から40.2%に向上する。先行後追放牧により、各放牧回次の放牧前草高と草量はそれぞれ14%、20%減少するが、年間収量に有意な減少は認められない。先行牛に対する放牧草のTDN含有率が向上する時期は限られ、放牧期間全体では有意差にいたらない。(表1)
  2. 先行後追放牧の有無別に求めた搾乳牛の割り当て草量と放牧草由来栄養(TDN)摂取量との回帰式は併合が可能で、放牧草由来TDN摂取量は、先行後追放牧の有無によらず、割り当て草量に大きく影響される(寄与率77%、図1)。よって、先行牛の放牧草由来栄養摂取量を確保するためには割り当て草量の維持を重視すべきである。
  3. 先行後追放牧により、年間の地上部生産量に対する放牧と採草を含めた利用率は85.8%から89.7%に向上し、秋の放牧草中の枯死草の割合が32.3%から21.2%に減少する。また、後追牛としたホルスタイン種育成牛(平均体重381kg)の日増体量は5-9月に0.95kgを示し、良好である。

  1. メドウフェスクまたはペレニアルライグラス草地において、3頭/ha以下で集約放牧を実施する場合に活用できる。
  2. 先行牛の割り当て草量が不足する際には、後追牛の放牧を中止する。永続性の点からメドウフェスク草地の放牧後草高は10cm以上とすることが望ましい。
具体的データ
図表
予算区分交付金
研究期間1998~2003
研究担当者小川恭男、須藤賢司、池田哲也、渡辺也恭、梅村和弘、落合一彦
発表論文1)須藤ら(2004)日草誌50(5):391-398.
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat