イネ縞葉枯病抵抗性品種「 St. No. 1 」におけるStvb-i領域のゲノム構造

イネ縞葉枯病抵抗性品種「 St. No. 1 」におけるStvb-i領域のゲノム構造

タイトルイネ縞葉枯病抵抗性品種「 St. No. 1 」におけるStvb-i領域のゲノム構造
要約イネ縞葉枯病抵抗性品種「St.No.1」の抵抗性遺伝子Stvb-i領域には、感受性日本型イネ品種「日本晴」に比べ、約10kbのトランスポゾンの挿入と6.5kbから10kbへの置換がある。
キーワードイネ、縞葉枯病、抵抗性遺伝子、ゲノム構造
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 北海道農業研究センター 生産環境部 ウイルス病研究室
連絡先011-87-9278 / hsyuriko@affrc.go.jp / hsyuriko@affrc.go.jp
区分(部会名)北海道農業
分類科学、参考
成果の活用面・留意点
  1. インド型イネ品種「Modan」に由来するイネ縞葉枯病抵抗性遺伝子Stvb-iは、イネ第11染色体長腕動原体近傍に座乗し、DNAマーカーG220−G257間にあって、感受性日本型イネ品種「日本晴」における遺伝子領域は約30kbと算出される(図1-A)。
  2. 「Modan」に由来する抵抗性品種「St.No.1」における遺伝子領域は約44kbと算出される(図1-B)。
  3. 「日本晴」の塩基配列と比較した場合、「St.No.1」においてはCACTA型トランスポゾン10.9kbの挿入がある。(図-B)。
  4. トランスポゾンの挿入位置に続く動原体側約10.1kb断片は、「日本晴」の6.5kb断片と置換している(図-B)。
  5. その他にも数塩基単位の変異(置換・挿入・欠失)が点在する(図-B)。
  6. 当領域には8つの遺伝子が予測される(図-C)。
  7. イネ縞葉枯病抵抗性選抜マーカーST10は、当該遺伝子領域内のトランスポゾンに近接している。

  1. 予測される8つの遺伝子の機能については詳細な検討が必要。
  2. 「Modan」に由来する抵抗性系統の選抜においてST10の選抜効率はほぼ100%である。
具体的データ
図表
予算区分委託プロ(ミュータントパネル)
研究期間2001~2003
研究担当者井澤敏彦(愛知農総試)、杉浦直樹(愛知農総試)、早野由里子、福本文良、眞岡哲夫、齋藤浩二
発表論文1)早野由里子(2002)北海道農業研究センター報告175:1-45.
2)早野由里子他(2002)育種学研究4(別2):107
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat