乳牛の初産分娩月齢早期化は乳生産性と繁殖性を低下させない

乳牛の初産分娩月齢早期化は乳生産性と繁殖性を低下させない

タイトル乳牛の初産分娩月齢早期化は乳生産性と繁殖性を低下させない
要約 現代の育成牛では初産分娩を24ヶ月齢以降に遅くしても乳量は増えず、初産後の繁殖性は低下する。受胎時で370kg(分娩後で560kg)程度の体重があれば、授精開始を12ヶ月齢に早めても3産までの乳生産性と繁殖性に影響しない。授精開始時期の体重は、簡易体重推定器具で簡便かつ迅速に把握できる。
キーワード 家畜繁殖、乳用牛、育成、初産分娩月齢、乳生産性、繁殖性、産次
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 北海道農業研究センター 畜産草地部 家畜生理繁殖研究室
連絡先011-857-9268
区分(部会名)共通基盤
区分(部会名)畜産草地
区分(部会名)北海道農業
分類技術、参考
背景・ねらい
乳量の増加に伴い、乳牛の体格は向上してきているが、平均初産分娩月齢は26~27ヶ月とほとんど変わっていない。初産分娩を早めることにより、育成コストの削減が期待できるが、乳量の減少、繁殖性の低下あるいは初産時の難産等への危惧から、実現していない。そこで、北農研で生産された過去の育成牛について、初産分娩月齢と生産性および繁殖性について調べるとともに、現在の育成牛を用いて、12ヶ月齢からの授精開始の影響を調べる。さらに、授精開始の目安として重要な、体重を簡易推定する器具の実用性を検討する。

成果の内容・特徴1.1980年代までの育成牛では初産月齢が遅くなると、初産後の乳量も増える傾向にある。1990年代以降の育成牛では、初産月齢が24ヶ月以上では乳量に影響せず、初産後の空胎日数は、月齢が大きくなると延長する(図1)。
2.日本飼養標準にしたがい、放牧期間以外は基本的に個別給餌すると、12ヶ月齢までの平均日増体量は約890gで、体重は約370kgとなる。授精開始を12ヶ月に早めても、分娩前体重は600kgを超え、分娩後体重は560kg程度となり、初産時の分娩難易度は15ヶ月開始群と差はない。また、初産後の繁殖機能回復および3産までの分娩間隔も2群間に差はなく、早期化の影響はない(表1)。
3.授精開始を12ヶ月に早めても、3産までの産次ごとの乳量に差はない(図2)。また出生から3産搾乳終了までの、1日あたり平均乳量は12ヶ月開始群で16.6kgと、15ヶ月開始群よりも1.1kg多く、乳生産性に問題はない。
4.一人で操作できる、寛幅から体重を推定する器具(ヒポメーター)は、授精開始基準体重を含む300kg以上の階層では、体重推定尺と同等の精度を有し、測定に要する時間は約半分である。本器具は簡便かつ迅速に育成牛の体重を推定できる(表2)。

成果の活用面・留意点
1.乳牛の初産月齢を下げる際の目安(受胎時370kg、分娩後560kg)として活用できる。
2.季節繁殖化に必要な、24ヶ月齢以内での初産分娩を可能とする。
3.ヒポメーターは米国製の輸入品である。
具体的データ
図2
表2
予算区分集約放牧
研究期間2003~2007
研究担当者高橋正樹(富山県)、高橋芳幸(北大)、坂口 実、青木真理
発表論文1) 鈴木ら (2002) 北海道畜産学会報 44: 65-70
2) Sakaguchi et al. (2005) Anim Sci J 76(5): 419-426
3) 坂口ら (2006) 日本畜産学会報 77(1): 89 -93
発行年度2005
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat