食用ゆりにおけるホウ素過剰症の発生とその診断技術

食用ゆりにおけるホウ素過剰症の発生とその診断技術

タイトル食用ゆりにおけるホウ素過剰症の発生とその診断技術
要約 食用ゆりにおいては、土壌中熱水可溶性ホウ素が2ppmを超える場合に障害が発生する危険性がある。ホウ素資材の施用履歴があり茎葉発育最盛期での葉身中ホウ素濃度が100ppm以上である場合、ホウ素過剰症の可能性が高い。
キーワード 食用ユリ、ホウ素過剰、熱水可溶性ホウ素
担当機関上川農試 研究部 栽培環境科
連絡先0166-85-4119
区分(部会名)北海道農業
分類技術、参考
背景・ねらい
食用ゆり栽培現地圃場で発生したホウ素過剰による生理障害について、農業現場に緊急に周知するとともに、ホウ素資材の過剰施用回避についてあらためて注意を喚起する。

成果の内容・特徴1.平成16年に名寄市、平成17年には美瑛町(2件)の食用ゆり栽培圃場において原因不明の生理障害が発生した。特徴的な症状は下葉の枯れ上がり、生育遅延、葉色の黄化であり(図1)、ウイルス検定によれば「ユリえそ病」による障害ではない。
2.現地の障害発生土壌の熱水可溶性ホウ素は平均2.6ppm(健全圃場1.1ppm)(表1)、障害発生葉身中ホウ素濃度は平均162ppm(健全葉50ppm以下)と極めて高い。聞き取り調査によればホウ素資材の過剰施用が明らかである。
3.ポットを用いたホウ素用量試験におけるホウ素高濃度区では現地圃場と同様の葉枯れ症状が確認され、現地対応および再現試験の結果を総合的に考慮すると、この障害はホウ素過剰により引き起こされる生理障害である。
4.土壌の熱水可溶性ホウ素2ppm前後を境界値として障害の発生が認められる(図2)。
5.ホウ素資材の施用履歴があり茎葉発育最盛期での葉身中ホウ素濃度が100ppm以上である場合、ホウ素過剰症の可能性が高い(図3)。

成果の活用面・留意点
1.食用ゆり栽培圃場でのホウ素施肥指導に活用できる。
2.ホウ素資材の施用にあたっては、現行の診断基準値である0.5~1.0ppmを遵守し、事前の土壌診断により基準値以上であった場合には施用を見合わせる必要がある。
3.前作物に対してホウ素を多量に施用した場合やマルチ栽培であった場合には、ホウ素が高濃度に残存している可能性があり注意が必要である。
平成17年度北海道農業試験会議(成績会議)における課題名および区分
「食用ゆりにおけるホウ素過剰症の発生とその対応」(指導参考)
具体的データ
表1
図3
予算区分道費
研究期間2004~2005
研究担当者柳原哲司
発行年度2005
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat