コシヒカリの穂肥管理基準

コシヒカリの穂肥管理基準

タイトルコシヒカリの穂肥管理基準
要約コシヒカリを対象に、幼穂形成期の生育量から穂肥の適正施用法を判定するための穂肥管理基準を作成した。
担当機関福井県農業試験場 生産環境部 土壌環境
連絡先0776-54-5100
区分(部会名)北陸農業
専門肥料
研究対象稲類
分類指導
背景・ねらい米の慢性的過剰と流通の自由化に伴い、高品質米生産が緊急の課題となっている。一方、品質をはじめ倒伏や収量に影響の大きい穂肥の施用法は、主として葉色値を目安としており、生育量に見合ったよりきめ細かな穂肥管理の方法が求められている。そこで、過去のデ-タを解析し、コシヒカリを対象に幼穂形成期の生育量から穂肥の適正施用法を判定するための穂肥管理基準を作成した。
成果の内容・特徴
  1. (1)幼穂形成期の草丈(cm)×茎数(本/平方メートル)×葉色(上位展開第2葉のSPAD値)の値とN吸収量とは相関が高く、生育調査の結果からN吸収量を推定することができる(図1)。
  2. (2)幼穂形成期のN吸収量と倒伏とは関連が深く、幼穂形成期のN吸収量が概ね5kg/10aを越えると稈長が90cmを越え、倒伏程度が高まる(図2)。
  3. (3)穂肥のN施用量が多くなるに従って玄米N濃度が高まる傾向にある。目標玄米N濃度(1.3%以下)を得るための穂肥N施用量は、幼穂形成期のN吸収量によって異なる(図3)。
  4. (4)幼穂形成期と成熟期のN吸収量(無穂肥)の関係から、幼穂形成期から成熟期までの地力由来のN供給量が概ね推定できる(図4)。また、幼穂形成期のN吸収量別穂肥N利用率を組み合わせると、幼穂形成期のN吸収量別に目標収量{玄米N濃度1.3%とした場合の精玄米重(約570kg/10a)、この場合のN吸収量は約9.8kg/10aに相当}を得るための穂肥N施用量が推定できる。
  5. (5)以上の結果に基づいて、幼穂形成期の草丈、茎数、葉色の値からN吸収量を推定し、玄米N濃度、倒伏、玄米収量を考慮した穂肥管理基準を作成した(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. (1)第3葉身長による倒伏の予測法も併せて利用する。
  2. (2)この管理基準は福井県のデ-タに基づいているので、他地域で使用する場合には、目標値や地力の違いなどに留意する必要がある。
具体的データ
(図1)
(図2)
(図3)
(図4)
(表1)
予算区分県単
研究期間1996~1996
発表論文なし
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat