由来の異なる卵巣からのウシ個体別体外胚の発生

由来の異なる卵巣からのウシ個体別体外胚の発生

タイトル由来の異なる卵巣からのウシ個体別体外胚の発生
要約屠場出荷、疾病(乳房炎)による鑑定殺、肥育前期の3種類由来の優良牛の可能胚が得られ、本技術が優良牛の有効活用の一助になることが明らかになった。
担当機関新潟県畜産試験場 繁殖工学課
連絡先0256-46-3103
区分(部会名)北陸農業
専門繁殖
研究対象家畜類
分類普及
背景・ねらい肥育末期の屠畜卵巣から体外受精技術によって、移植可能胚を作出する技術が発展してきた。本技術によって発生した胚のET産子は肉用資源の増産のみならず、血統登録が可能なことから、優良牛の有効な活用となり野外での利用価値も高い。そこで、優良牛卵巣由来の子牛生産を目的に、繁殖障害等による屠場出荷、重篤な乳房炎による鑑定殺、肥育前期における卵巣割去の、3種類の由来の異なる卵巣を個体別に採取して、体外受精後の発生能について検討した。
成果の内容・特徴
  1. (1) 屠場出荷牛からは、平均3.9±3.0個の移植可能胚が得られた(表1)。
  2. (2) 長期の重篤な症状を示した乳房炎牛からは、3個の移植可能胚が得られた(表2)。
  3. (3) 肥育前期牛からは、平均2.0±3.0個の移植可能胚が得られた(表3)。
  4. (4) 個体差はあるものの、いずれのウシ由来卵巣からも移植可能胚が得られ、優良牛の有効活用がはかられる。
成果の活用面・留意点
  1. 卵巣の採取は個体識別を正確に行なうとともに、実験室内ではシャ-レを個体別にして培養を行なう。卵巣の採取から培養までの各工程は無菌操作に留意する。卵巣採取にあたっては家畜改良増殖法に規定された伝染性疾病の有無、採取者等について厳守しなければならない。
具体的データ
(表1)
(表2)
(表3)
予算区分県経常
研究期間1996~1996
発表論文第31回日本畜産学会北陸支部新潟県分会報、31、1996。
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat