調理用ラッキョウ新品種「ハイブリッドラッキョウ1号」

調理用ラッキョウ新品種「ハイブリッドラッキョウ1号」

タイトル調理用ラッキョウ新品種「ハイブリッドラッキョウ1号」
要約子房培養により作出したラッキョウとネギとの種間雑種の中から、ラッキョ ウよりやや小粒で分球が多く、1株重が重い豊産性の系統を選抜し、育成した品種で ある。炒め物、揚げ物など加熱調理に適する。
担当機関福井県農業試験場 園芸バイテク部 バイテク研究チーム
連絡先0776-54-5100
区分(部会名)北陸農業
専門育種
研究対象根菜類
分類普及
背景・ねらいラッキョウの用途は甘酢漬け加工が主体であるが、食生活の多様化により様々な調理用途が開発されている。そこで、各々の調理法に適した新品種の開発を試み、ラッキョウの付加価値の向上を図る。
成果の内容・特徴
  1. 1.育成経過
  2.   ラッキョウ「ラクダ系福井在来」とネギ「浅黄系九条」との種間交雑後、子房培養により種間雑種個体を得て、系統選抜により育成した(図1)。雑種性は、イネのrDNAをプローブとしてRFLP法によって確認した。平成6年より8年の2年間、特性検定を行い、その優秀性が認められたので、平成8年に品種登録の申請を行った。
  3. 2.特性の概要
  4.  (1)外観は「ラクダ系福井在来」に似ているが、生育はさらに旺盛である(図2)。
  5.  (2)1株球重は「ラクダ系福井在来」よりかなり重いが、分球数が多いため、1球重は「ラクダ系福井在来」よりやや小さくなる(表1)。
  6. (3)りん茎の色は白で、形状は「ラクダ系福井在来」に類似しているが(図2)、辛味が強く、香気は少ない(図2)。
  7. (4)6月上旬に抽苔を始め、夏季も生育を続けるが、種子稔性はなく、りん茎の分球によって繁殖する。
  8. (5)抽苔によって品質が劣化するため、収穫は5月中下旬から抽苔の初期までとする。
  9. (6)「ラクダ系福井在来」に比べて、サビ病にやや弱い傾向があるので防除が必要である。
  10. (7)炒め物、揚げ物などの加熱調理に適し、甘酢漬加工には適さない。
成果の活用面・留意点
  1. (1)栽培はラッキョウの1年掘りの作型に準ずるが、1穴1球植えとする。
具体的データ
(図1)
(図2)
(表1)
予算区分県単研究論文等なし
研究期間1991~1996
発表論文なし
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat