ダイコン収穫用搬出機

ダイコン収穫用搬出機

タイトルダイコン収穫用搬出機
要約汎用クローラ型運搬車と搬出用横送りコンベアを組み合わせ、茎葉処理装置付きのダイコン収穫用搬出機を開発した。作業強度が慣行作業と同程度のとき、作業能率はほぼ2倍程度である。
担当機関福井県農業試験場 作物経営部 作業システム研究グループ
連絡先0776-54-5100
区分(部会名)北陸農業
専門機械
研究対象根菜類
分類普及
背景・ねらい ダイコンの収穫作業では、機械化による作業能率の向上と作業の軽労化が強く求められている。特に、前屈歩行を伴う茎葉切り作業やダイコンの圃場外への運び出し作業の改善が求められている。そこで、引き抜いたダイコンの搬出、茎葉処理および運搬用トラックへの積替え機能を有する小型で汎用性のある収穫用搬出機を開発する。
成果の内容・特徴
  1. ダイコン収穫用搬出機は汎用クローラ型運搬車を原機として、搬出用横送りコンベア、茎葉狭持コンベア、茎葉処理カッター、収納コンテナおよびコンベア支持・コンテナ積替え兼用のトラッククレーンを装着したものである。作業は2人がダイコンを抜取り、搬出用横送りコンベア上に置くと、搬送途中で茎葉が切断処理され、別の1人がコンテナへの積入れと機械操作を受け持つ。合計3人の組作業で行う(図1)。
  2. 茎葉処理装置では設定切断長がほぼ得られ、切り口の状態も概ね良好である(表1)。
  3. 作業能率は慣行手作業に比べ、2倍程度である(表2)。
  4. 作業強度は、慣行作業と同程度の作業能率では軽減されるが、作業能率を上げると慣行作業並となる(表3)。
  5. 茎葉切りと積込み作業がなくなることから、作業者の評価は概ね良好である。
成果の活用面・留意点
  1. 比較的小規模の経営体や家族労力で活用でき、搬出用横送りコンベアを交換することによって、スイカ、キャベツ等重量野菜の収穫用搬出機としても利用できる。
  2. 実用化にあたっては、無段変速装置を有する汎用運搬車を原機とすることやコンテナ容量について再検討することが望ましい。
具体的データ
(図1)。
(表1)。
(表2)。
(表3)。
予算区分国補(地域特産作物機械開発促進事業)
研究期間1997~1997
発表論文なし
発行年度1997
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat