夏ギク「サマーイエロー」の優良系統「サマー福井1号」、「サマー福井2号」および「サマー福井3号」

夏ギク「サマーイエロー」の優良系統「サマー福井1号」、「サマー福井2号」および「サマー福井3号」

タイトル夏ギク「サマーイエロー」の優良系統「サマー福井1号」、「サマー福井2号」および「サマー福井3号」
要約長期の栽培で、形質劣化の著しい「サマーイエロー」の商品性を高めるため、優良系統を選抜・育成した。「サマー福井1号」は早生系で花のボリュームが、「サマー福井2号」は中生系で花のボリュームが、また「サマー福井3号」は晩生系で開花揃いが良いという特徴を持つ。
担当機関福井県農業試験場 園芸バイテク部 花き研究グループ
連絡先0776-54-5100
区分(部会名)北陸農業
専門育種
研究対象花き類
分類普及
背景・ねらい6~8月に出荷される黄色の中輪ギクの代表品種「サマーイエロー」は、栽培歴が長いため、長期間の栄養繁殖による形質劣化が生じ、それによる品質低下が問題となっている。 そこで、平成7年に県内主要産地9カ所から親株を導入し、平成7年には1次選抜で13系統を選抜、平成8~9年には最終選抜を行い、開花時期、開花揃い、花品質等に特徴のある3系統を選抜した。最終選抜においては、県内産地の生産者、指導者による審査会を実施した。
成果の内容・特徴
  1. 開花時期は、「サマー福井1号」で対照(サマーイエローの福井農試保存株)より5~7日早く、「サマー福井2号」は同程度で、「サマー福井3号」では5日程度遅い。また
    「サマー福井2号」および「サマー福井3号」は、開花揃いも良好である(図1)。
  2. 花品質は、「サマー福井1号」および「サマー福井2号」では花重、舌状花数で対照を上回り、ボリューム感があり、「サマー福井3号」は、花の大きさと花重でやや劣るものの、舌状花数が多い(表1)。
  3. 切り花品質は、「サマー福井3号」では切り花長および切り花重が対照をやや上回り、「サマー福井1号」および「サマー福井2号」では対照と同程度である(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 3系統とも、エスレル1回処理による7月収穫の作型が適す。
  2. 肥培管理等は、慣行栽培に準ずる。
  3. 3系統とも現在増殖中であり、生産地の希望に応じ親株として供給していく。
具体的データ
(図1)。
(表1)。
(表2)。
予算区分県単
研究期間1997~1997
発表論文なし
発行年度1997
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat