「ラ・フランス」より早く出荷できる西洋なし新品種「越さやか」

「ラ・フランス」より早く出荷できる西洋なし新品種「越さやか」

タイトル「ラ・フランス」より早く出荷できる西洋なし新品種「越さやか」
要約「バートレット」に「ラ・フランス」を交雑して西洋なし新品種の「越さやか」を育成した。収穫適期は9月下旬で、10月上旬から可食期となる中生品種であり、食味は甘酸に富んで良好である。花芽着生が良く早期多収性を有する。
担当機関新潟県農業総合研究所 園芸研究センター 栽培
連絡先0254-27-5555
区分(部会名)果樹
区分(部会名)北陸農業
専門育種
研究対象果樹類
分類普及
背景・ねらい新潟県における西洋なし栽培は晩生品種「ル レクチエ」を基幹品種に位置づけているが、単一品種への片寄りすぎによる災害面や販売面での問題が指摘されてきた。そこで、品質が優れ、栽培しやすく、台風被害のリスクも少ない中生品種の育成に取り組んだ。
成果の内容・特徴
  1. 育成経過:新潟県園芸試験場(現農業総合研究所園芸研究センター)において早生の「バートレット」に、中生の「ラ・フランス」を交雑した数個体の実生から選抜育成し、平成7年に系統名「BL N-7」で品種登録申請、平成10年10月29日付けで登録番号第7592号として品種登録された。
  2. 樹:樹勢は比較的強く、枝梢はやや密、不定芽や太い枝の切り口からの新梢発生が多く、若木で樹勢が強い場合にはトゲが発生する。短果枝や中果枝の花芽着生は比較的多く、弱勢枝では腋花芽も着生する。開花期は「ラ・フランス」より遅く、日本なしの「二十世紀」とほぼ同時期になる。収穫期は満開140~150日後の9月下旬で「ラ・フランス」より約15日、「ル レクチエ」に比べ約50日早い。追熟後の可食期は10月上~中旬であり、「ラ・フランス」に比べると20~30日程度早い(表1)。
  3. 果実:果形はびん~短びん型、果重は270g程度で「ラ・フランス」と同程度である。
     果面のサビは「ラ・フランス」より少な目のやや少、収穫時の果皮色は日本なし地色用カラーチャートで4前後の黄緑色であるが、追熟と共に5前後の黄色へと変化するため、可食期の判断が容易である。追熟期間は室温で10日前後である。果心は小さく果肉歩合は多い。糖度は14~15%で「ラ・フランス」に比べると高めだが、酸味がpH3.8程度と他品種に比べてやや強い。肉質は完全に追熟すると緻密、多汁で、食味は爽快感があり良好である。追熟後の日持ちは室温で7~10日程度とやや短い。生理障害のハードエンドやブラックエンドの発生はほとんど認められない(表2)、(写真)。
  4. 栽培性:幼木期から中、短果枝着生や結実も安定しており、生理障害の発生もなく多収性であるが、着果量が多いと隔年結果する傾向がある。人工受粉は「新興」「二十世紀」等の花粉が利用可能である。「ラ・フランス」「ル レクチエ」と和合性があるため、混植による受粉樹としても利用できる。 病害虫では、輪紋病の発生が他の品種と同様に認められるので、摘果後の袋かけと薬剤散布は必要である(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 種苗法に基づく登録品種であるので苗木、穂木の取り扱いについては種苗法に従う。
具体的データ
(表1)
(表2)
(写真)
(表3)
予算区分県単経常
研究期間1998~2000
発表論文セイヨウナシ新品種‘越さやか’の結実特性、園芸学会雑誌、第67巻、別冊2、212、1998
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat