直播適性を持つ極良食味・耐倒伏・難穂発芽の水稲新品種候補系統「北陸179号」

直播適性を持つ極良食味・耐倒伏・難穂発芽の水稲新品種候補系統「北陸179号」

タイトル直播適性を持つ極良食味・耐倒伏・難穂発芽の水稲新品種候補系統「北陸179号」
要約「北陸179号」は寒冷地南部では晩生の早に属する粳種で、草型はやや短稈の中間型、耐倒伏性が強く、穂発芽性が難の極良食味系統で、直播栽培にも適する。平成12年から熊本県では「ミネアサヒ」等に替えて普及を予定している。
担当機関北陸農業試験場 地域基盤研究部 稲育種研究室
連絡先0255-26-3239
区分(部会名)北陸農業
専門育種
研究対象稲類
分類普及
背景・ねらい北陸地域を中心とする寒冷地南部地帯では「コシヒカリ」を主体とする良食味品種の作付が行われているが、倒伏や長期にわたる秋雨による穂発芽の発生等が減収、品質・食味の低下の要因となっており、これらの特性の改良が求められている。また、近年の米を巡る情勢から、低コスト・省力化をめざした直播栽培に適する品種、他産地と差別化できる特色のある品種への要望も強い。そこで、直播栽培に適し、複数の抵抗性・耐性を持つ極良食味品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 「北陸179号」は平成元年に北陸農業試験場において、耐倒伏、穂発芽性等複数の抵抗性・耐性を持つ極良食味品種の育成を目的として収4885(後の「どんとこい」)を母とし、収4695を父として交配した後代から育成された系統である(表1)。
  2. 出穂期および成熟期は「日本晴」よりやや早く、「アキニシキ」並で、育成地では晩生の早に属する粳種である(表1)。
  3. 「日本晴」に比べ稈長はやや短く、穂長はやや短く、穂数はやや少なく、草型は中間型である。耐倒伏性は強で、収量性は「日本晴」に優る多収である(表1)。
  4. いもち病抵抗性遺伝子型はPiiと推定され、葉いもち圃場抵抗性はやや強、穂いもち圃場抵抗性は中、白葉枯病圃場抵抗性は中、穂発芽性は難である(表1)。
  5. 玄米は「日本晴」よりやや大きく、品質は「日本晴」よりやや劣り上下、食味は「日本晴」に優り、「コシヒカリ」並の上中である(表1)。
  6. 直播栽培において「どんとこい」並に苗立ちが良好で、倒伏が少なく、「どんとこい」並の収量が得られる(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 「北陸179号」の特性から、「日本晴」、「アキニシキ」等の熟期の作付けが可能な北陸、東北南部、関東以西の広い地域に適応する。
  2. 熊本県では平成12年より高冷地帯の「ミネアサヒ」等に替えて普及を予定している。
  3. 適正施肥、いもち病の適期防除に努めるとともに、白葉枯病常発地帯での作付は避ける。
具体的データ
(表1)
(表2)
予算区分経常・次世代稲作
研究期間1999~1999
発表論文なし
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat