肥効調節型全量基肥による秋冬ハクサイの省力施肥技術

肥効調節型全量基肥による秋冬ハクサイの省力施肥技術

タイトル肥効調節型全量基肥による秋冬ハクサイの省力施肥技術
要約秋冬ハクサイの施肥は、肥効調節型肥料の全量基肥施用により慣行分施法と同等かやや優れた収量が得られる。この施肥法は、追肥労力を軽減するとともに、施肥窒素の20%も可能であり、かつ、窒素利用効率が高く環境保全面からも有効である。
担当機関愛知県農業総合試験場 園芸研究所 環境研究室
連絡先0561-62-0085
区分(部会名)関東東海農業
専門肥料
研究対象葉茎菜類
分類普及
背景・ねらい肥効調節型肥料を用いた全量基肥施肥技術は、水稲栽培で広く普及している。これらの肥料は、窒素が土壌中に徐々に溶出されることから、硝酸態窒素として溶脱しやすい露地野菜栽培では、追肥の省力化及び環境保全面からも注目されている。そこで、当場ほ場(中粗粒灰色台地土)で、被覆尿素40日タイプ及び被覆硝酸石灰40日タイプを用い、秋冬ハクサイ(品種:平成5年聖徳、平成6年千勝)に対する施用法及び減肥の可能性について検討した。
成果の内容・特徴
  1. ほ場での肥料埋設試験の結果、溶出期間が短い(40日タイプ)肥効調節型肥料は、生育初期の窒素溶出が多く、収穫時では約80%溶出する(図1)。
  2. 窒素は肥効調節型肥料:硫安=7:3に配合したもの、リン酸、カリはそれぞれ重焼りん、硫酸加里を用いて全量基肥施肥栽培試験を行った結果、同一施肥量では全量基肥区の収量は、慣行区(高度化成、基肥+追肥3回)と同等かやや優り、追肥の省力化が図れる。また、肥料の種類別では、被覆硝酸石灰の方が被覆尿素よりも概して収量が多くなる(表1)。
  3. 窒素を20%減肥しても収量は全量基肥区とほとんど変わらないため、施肥量の削減も可能である(表1)。
  4. 全量基肥施肥栽培ではハクサイの施肥窒素利用率は、概して慣行区より高く、環境への負荷は少なくなる(表1)。
  5. 以上のことから、肥効調節型肥料を用いた秋冬ハクサイにおける環境保全型省力施肥栽培は可能であり、窒素溶出パターン及び収量性から、被覆尿素40日タイプ及び被覆硝酸石灰40日タイプが適している。
成果の活用面・留意点減肥割合は、ほ場条件に応じて加減する。
具体的データ
図表
図表
予算区分県単
研究期間1995~1995
発行年度1995
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat