エチレングリコールを用いて凍結保存したウシ体外受精胚の融解処理条件

エチレングリコールを用いて凍結保存したウシ体外受精胚の融解処理条件

タイトルエチレングリコールを用いて凍結保存したウシ体外受精胚の融解処理条件
要約耐凍剤としてエチレングリコールを用いたウシ体外受精胚の融解条件について、胚の生存率を比較検討した。耐凍剤除去培地としては5%CS加TCM199が、耐凍剤除去培地の温度は38.5℃が優れていた。また、融解後の耐凍剤への浸漬時間が短いほど生存性が優れる傾向にあった。
担当機関愛知県農業総合試験場 畜産研究所 酪農研究室
連絡先0561-62-0085
区分(部会名)関東東海農業
専門繁殖
研究対象
分類研究
背景・ねらい近年ウシの凍結胚の移植方法として、融解後にウシ胚をストローから取り出す必要がなく、操作が簡便で直接移植が可能なDirectTransfer法(ダイレクト法)が試みられている。 ダイレクト法には耐凍剤としてエチレングリコール(以下EG)が広く用いられているが、凍結されたウシ胚の生存を確認する際の手技や方法については十分な検討がされていない。そこでEGを用いて凍結保存したウシ体外受精胚の、体外での耐凍剤除去条件と生存性との関係を、脱出胚盤胞への発生率を指標として検討した。
成果の内容・特徴供試した胚盤胞(媒精後7~10日後)のストローへの充填法は図1のとおりで、凍結には1.8MEGを用い、図2の温度降下プログラムで行った。耐凍剤除去は、融解後20%CS加m-PBS、5%CS加HEPES緩衝TCM199培地(以下TCM199)、20%CS加シュクロース20%m-PBS(以下シュクロース)の3種類の耐凍剤除去培地と、38.5、30.0、20.0℃の3段階の温度設定で10分間浸漬後、TCM199培地で48時間培養し、透明帯から脱出した胚を生存胚と判定した。
  1. 耐凍剤除去培地の種類及び耐凍剤除去温度別の融解後の胚の生存成績を表1に示した。耐凍剤除去温度による比較ではいずれの耐凍剤除去培地を用いた場合でも、20.0℃に比べて30.0℃及び38.5℃の方が胚の生存率が高く、耐凍剤除去培地の比較では、シュクロースに比べTCM199及びPBSの方が胚の生存率が高かった。その中でも38.5℃の温度条件におけるTCM199の生存率が41.5%と最も高く、また20.0℃の同じ培地での生存率23.5%に比べて5%水準で有意に生存率が高かった。
  2. 試験1の成績から耐凍剤除去培地をTCM199に、耐凍剤除去温度を38.5℃に固定し、胚をストロー中に放置する時間と胚の生存率の関係を図3に示した。放置する時間が0分、10分、20分、30分と長くなるにしたがい、生存率は41.5%(17/41)、37.5%(12/32)、30.6%(11/36)、27.3%(6/22)と低下した。しかし有意差は認められなかった。
成果の活用面・留意点ダイレクト移植法が試みられているが、受胎率が悪い場合胚の生存を確認することができる。また、凍結条件や耐凍剤を変更した場合等においても、胚の生存性を確認するのに利用できる。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1996~1996
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat