根域制限温州みかん園へのラジコン自走運搬機による省力軽労化

根域制限温州みかん園へのラジコン自走運搬機による省力軽労化

タイトル根域制限温州みかん園へのラジコン自走運搬機による省力軽労化
要約小型低樹高化した根域制限栽培園では、収穫能率が1.3 ~1.4 倍に向上し作業強度も軽労化する。又機械巾70cmのクローラー式ラジコン自走防除機を試作し、作業を行うと、作業者の農薬被爆量が減少する。
担当機関静岡県柑橘試験場 西遠分場
連絡先053-525-0167
区分(部会名)関東東海農業
区分(部会名)果樹
専門栽培
研究対象果樹類
分類指導
背景・ねらい根域制限栽培法は、高糖度果実を連年安定生産する方法としてその普及が期待されている。一方、この方法は樹体生育を抑制しわい化するので、園内道の確保により機械導入が可能となり、各種の栽培管理作業の省力軽労化が図られる。ここでは、収穫作業と防除作業の効率化について、根域制限栽培園における効果を調査し、軽労働でクリーンな作業体系を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 根域制限栽培園での収穫作業は、収穫能率が1.3 ~1.4 倍に向上し、ハサミ傷果の発現も少なくて作業強度も軽力軽労化の効果が大きかった(表1)。
  2. 市販運搬機をラジコン運転式に改造し、薬剤散布噴口とホースを積載して、樹列間を往復無人走行させ防除効率を調査した結果(表1、表2、表3)、作業能率はS.Sに劣るものの、農薬被爆が少なくて軽労働クリーンな作業出来ることがわかった。
  3. 以上から、根域制限栽培の導入は、各種手作業の省力軽労化を促し、機械力の導入を可能にするために有効な栽培方法であるといえる。
成果の活用面・留意点
  1. ラジコン運搬防除機は、アタッチメントを含め県内外のメーカーで市販されている。
  2. ラジコン自走運搬機による防除は、平坦地では、タンクと動力噴霧機を搭載しての方法も可能である。
  3. 高樹高な既成園での本機の実用性は、各種アタッチメントの開発を含め今後改良検討することにより可能となる。
  4. 生理落果期の高夜温は落果を助長するとされているので、最低気温は20℃以下で管理する必要がある。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分特定農産物緊急技術開発
研究期間1994~1997
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat