肉用牛における体脂肪の脂肪酸組成と脂肪交雑との関係

肉用牛における体脂肪の脂肪酸組成と脂肪交雑との関係

タイトル肉用牛における体脂肪の脂肪酸組成と脂肪交雑との関係
要約品種の異なる肉用牛における体脂肪の脂肪酸組成と脂肪交雑との関連性について検討した。枝肉成績と脂肪酸との相関を見ると、パルミトレイン酸およびステアリン酸がBMSと最も高かった。
担当機関愛知県農業総合試験場 畜産研究所 肉牛研究室
連絡先0561-62-0085
区分(部会名)関東東海農業
専門動物栄養
研究対象肉用牛
分類研究
背景・ねらい牛肉の輸入自由化以降、国内の肉牛経営が自由化に対抗するためには、生産コストの低減と併せて、付加価値が高く、品質面で輸入牛肉に対して優位性が確保できる牛肉の生産が重要になってきており、肉質の改善が強く要望されている。
そこで、飼養試験に供した和牛(黒毛和種)、交雑種(黒毛和種雄×乳牛雌)、および乳用種去勢牛35頭について、肉質の向上を図る対策として体脂肪の性状を把握し、脂肪と脂肪交雑との関連性について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 各品種とも飽和脂肪酸の割合は腎脂肪に多く、筋間脂肪、皮下脂肪と牛体の外側に行くほど減少し、融点はそれに伴い低くなった。(表1)
  2. 品種別脂肪酸組成では、和牛の不飽和脂肪酸(ミリストレイン酸、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、及びリノレン酸)の割合が他の品種に比較して高かった。(表1)
  3. 和牛、F1及び乳用種それぞれのBMS(脂肪交雑基準)と脂肪酸との相関は認められなかったが、この3品種を合わせた場合のBMSとパルミトレイン酸及びステアリン酸との相関は高かった。(図1、図2)
成果の活用面・留意点肉用牛の体脂肪におけるパルミトレイン酸の上昇及びステアリン酸の減少をコントロールできる飼料の組成を検討することにより、肉質の向上を図れる可能性が示唆された。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1997~2001
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat