ハウス栽培における日本なし「幸水」果実の水散布による外観向上

ハウス栽培における日本なし「幸水」果実の水散布による外観向上

タイトルハウス栽培における日本なし「幸水」果実の水散布による外観向上
要約日本なし「幸水」のハウス栽培において、水を満開後25日から40日にかけて4回散布することにより、果点および果点間コルクの発達が良好となり、果実の外観が向上する。
担当機関茨城県農業総合センター園芸研究所 果樹研究室
連絡先0299-45-8340
区分(部会名)果樹
区分(部会名)関東東海農業
専門栽培
研究対象果樹類
分類普及
背景・ねらいハウス栽培における日本なし「幸水」は、果点および果点間コルクの発達が悪く、本来の赤ナシになりにくい特性がある。茨城県内の一部の産地では、果点および果点間コルクの形成に重要な生育初期(満開後25日頃~40日頃)に、灌水および水を散布することによりハウス内の湿度を高め、果点および果点間コルクの形成を促進して外観の良好な「幸水」を生産して、県平均単価より1kg当たり 175円高(平成11年、茨城県経済連)で販売している。そこで、水散布が果点および果点間コルクの形成に及ぼす影響を検討した。
成果の内容・特徴
  1. 鉄骨ハウスで周年被覆栽培の日本なし「幸水」の6年生8樹を供試した。
  2. 2月上旬から夜温を10~15℃に設定して暖房した。
  3. 水を夕方に満開後25日から40日にかけて5日間隔で4回、果実および茎葉に小型噴霧器で散布した。同時に灌水(約10mm)を実施してハウス内湿度を高めた。1処理区あたり30果に処理した。
  4. コルク化の程度は、埼玉園試の分類に準じて以下のように分類した。
    1:露地の果実と同様な果面の仕上がりで、全面に果点間コルクが発達している果実。
    2:果点間コルクの発達していない部分が10~30%程度の果実
    3:果点間コルクの発達していない部分が30%以上の果実
  5. コルク化の程度は、水散布区が無処理区に対して2ヶ年とも優れ、処理区間に有意差が認められ、果実の外観が向上した(表1、表2)。
  6. Brixなどの果実品質は、水散布により低下は認められなかった(表1、表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 水の散布量は10アール当たり 250リットルとする。
  2. ハウス内の湿度が高まるので病害など(灰色かび病、黒星病、芯腐症など)の発生に十分注意する。
  3. 開花後に花弁や花がらを良く落とし、灰色かび病の発生を物理的に防止する。昼間は換気してハウス内の湿度を下げる。
具体的データ
図表
図表
予算区分県単
研究期間1999~1999
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat