根域制限育苗によるリンゴわい化栽培園の早期成園化技術

根域制限育苗によるリンゴわい化栽培園の早期成園化技術

タイトル根域制限育苗によるリンゴわい化栽培園の早期成園化技術
要約遮根シートを利用し根域制限育苗を2年間行ったリンゴのわい化栽培苗木では、短果枝の着生が良好で、生産性の高い大苗が育成できる。また定植後、低樹高化が可能で、生産効率が高まり、早期多収性を示す。
担当機関群馬県園芸試験場 中山間支場 寒冷果樹課
連絡先0278-22-3358
区分(部会名)関東東海農業
区分(部会名)果樹
専門栽培
研究対象果樹類
分類指導
背景・ねらいリンゴ栽培において栽培面積を拡大したり、老朽園を改植する場合には、投下資本を早期に回収することが重要である。そこで、定植当年より収穫が可能なリンゴわい化栽培苗木の育苗管理法による早期成園化技術を検討した。
成果の内容・特徴
  1. 苗養成ほ場で、幅20~30cm、深さ30~40cmの溝状に植え穴を掘り、遮根シートを敷き込んだのち、わい化栽培苗木1年生樹(M.26台、長さ30cmマルバカイドウ付き)を樹間隔50cmで植え付ける。
  2. 植え付け後苗木は80cm程度で切り戻しを行い、その後2年間育苗する。
  3. 遮根シートを利用した根域制限育苗をすることにより、樹体の生育が抑制され、短果枝が多く着生した生産性の高い大苗が育成できる(表1)。
  4. 根域制限育苗をしたわい化栽培苗木では定植後のわい化効果が高く、根域制限を行っていない大苗に比較して低樹高化が可能で、生産効率が高めとなる(図1、図2、
    表2)。
  5. 慣行の1年生苗木を定植する方法に比較して定植後5年間で約170%の増収率となる(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 遮根シートを利用した根域制限育苗苗木を利用することにより、定植後の樹高を低くでき、早期多収が可能となる。
  2. 苗養成ほ場には、あらかじめ土壌消毒や土壌改良を実施し、植え穴には土壌条件に応じた土壌改良資材(ようりん、過りん酸石灰など)を施用する。
  3. 育苗期間中、側枝候補枝は主幹と競合するような強めの新梢であっても発出角度の広いものは残し、誘引、捻枝を行って花芽の着生を促す。また土壌の乾燥防止に努め、地力に応じて施肥を行う。
  4. 大苗を本ほに定植する時には、主幹延長枝や側枝候補枝と競合するような新梢や徒長枝を間引き、長く伸びた細根を丁寧にほぐす。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1999~1999
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat