地下部コントロールによるトマトセル成型苗の直接定植栽培技術

地下部コントロールによるトマトセル成型苗の直接定植栽培技術

タイトル地下部コントロールによるトマトセル成型苗の直接定植栽培技術
要約トマトセル成型苗を直接定植する場合、定植時から生育初期の土壌水分をpF2.5以上に少なく管理する。土壌水分が多い(pF2.0)ときは、定植時に根鉢をろ紙で包む根域制限により、初期の過繁茂が抑えられ上物収量が増加する。施肥資材としては、被覆複合肥料(スーパーロング)の使用により上物収量が増加する。
担当機関群馬県園芸試験場 野菜果樹部 施設野菜課
連絡先0270-62-1021
区分(部会名)関東東海農業
専門栽培
研究対象果菜類
分類普及
背景・ねらいトマトセル成型苗を直接定植した場合、草勢が旺盛となり、生育制御が困難で収量や品質が低下しやすい。そこで、トマトセル成型苗の直接定植栽培に適した土壌水分、根域制限、施肥資材について検討し、直接定植栽培技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. トマトセル成型苗は、定植後に無灌水とした場合、pF2.7以上では著しくしおれ枯死するが、pF1.5から1.8と土壌水分が多いときには活着してしまうため、土壌水分による草勢調節が困難になる(図1)。直接定植栽培では、定植から生育初期の土壌水分をpF2.5以下にならないよう少なく管理し、少量灌水により草勢調節を行い、その後、草勢に合わせ、収穫開始時からpF2.3程度に管理する(図2)。
  2. 定植圃場は、ベット幅を狭く・高さを高く(幅40cm×高さ20cm)すると乾きやすく、定植直後から灌水による生育調節が容易にできる(データ省略)。
  3. 上物収量(A、B品規格)は、定植から生育初期の土壌水分を図2に示すように、おおむねpF2.5以上に少なく管理すると、土壌水分が多いpF2.0の場合に比べ増加する(図3、図4)。
  4. 定植圃場の土壌水分が多いときは、定植時に苗の根鉢をろ紙で包む根域制限処理により、上物収量が増加する(図3、図4)。根域制限期間は、葉中の硝酸態窒素含量の推移から、1~2週間である(データ省略)。
  5. 施肥資材は、初期の肥効を抑えた被覆複合肥料(スーパーロング)で上物収量が増加する(図4)。
成果の活用面・留意点
  1. 定植後の少量灌水は、点滴チューブ(5.5L/min/100m)を用いると、効果的に行える。
  2. 根域制限処理は、慣行のセル成型苗定植(7.7時間/10a)に比べ、約倍の定植時間がかかる。
  3. 地域農協の促成トマト規格別販売単価から算出した販売金額は、1997年度は、慣行ポット区の439万円に対し、多灌水・ろ紙区が16万円増加し、1998年度は、慣行ポット区の310万円に対し、多灌水・Mコート・ろ紙区が53万円増加、少灌水・ロング区が35万円増加した。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分国補(超省力園芸)
研究期間1999~2000
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat