茶園畝間の有機物堆積と施肥量削減に伴う土壌窒素の変化

茶園畝間の有機物堆積と施肥量削減に伴う土壌窒素の変化

タイトル茶園畝間の有機物堆積と施肥量削減に伴う土壌窒素の変化
要約茶園畝間部の土壌窒素無機化量は堆積有機物が多いと著しく多くなり、減肥の効果は有機物堆積程度で異なる。根系分布は減肥で多くなるものの、畝間表層部に堆積有機物が多いと畝間表層部への根系の発達が阻害される。畝間部の土壌溶液硝酸態窒素濃度は減肥後1.5ヶ年ではあまり低下しない。
担当機関三重県科学技術振興センター 農業技術センター 生産環境部
三重県科学技術振興センター 農業技術センター 茶業センター
連絡先05984-2-6361
区分(部会名)関東東海農業
専門環境保全
研究対象
分類研究
背景・ねらい多肥の傾向にある茶園地帯での地下水の硝酸態窒素汚染対策のため、現地農家圃場において、窒素施肥量80kg/10a程度から50kg/10aへの削減の効果を検討した。 処理後1.5ヶ年間における茶園土壌の変化から減肥の有効性を検討した。
成果の内容・特徴
  1. 畝間部に堆肥や刈り落とし枝葉の堆積が少ない圃場の畝間部0~10cm土壌の窒素無機化量は25℃100日の培養で30mg/100gと低く、堆積の多い圃場は150mg/100g以上と高い(図1)。樹冠下部土壌にもその影響が現れ、また、下層土の窒素無機化量が著しく低いことから畝間表層部の管理が土壌溶液窒素濃度への影響が大きいことが推察される。
  2. 多肥茶園では畝間に根が分布しないと言われているが、減肥により根系分布範囲が増加し、根系分布量も多くなる(図2)。畝間堆積有機物の多い圃場では畝間部表層部における根系の発達が阻害されている(図2)。
  3. 畝間部の土壌溶液硝酸態窒素濃度は初夏にピークが現れるパターンで経過し、1.5ヶ年では減肥の効果は顕著でないが、樹冠下部は減肥により濃度が低下する(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 茶園土壌における減肥の効果は処理後 1.5カ年では茶樹の根系分布の拡大には現れるが土壌溶液濃度では明確でない。施肥削減効果を大きくするには過剰に畝間に施用される堆肥や刈り落とし枝葉の管理が必要である。
  2. 崩積性のれきを含んだ黒ボク土壌および黄色土に適用できる。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1999~2000
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat