紫外吸光度法を利用した土壌中硝酸態窒素の迅速測定法

紫外吸光度法を利用した土壌中硝酸態窒素の迅速測定法

タイトル紫外吸光度法を利用した土壌中硝酸態窒素の迅速測定法
要約土壌1gに0.01%の塩化アルミニウム溶液100mlを加え、浸とうろ過した溶液の210nmの吸光度から、硝酸態窒素含量が0.5~45mg/100gの範囲で測定できる。
担当機関千葉県農業試験場 地力保全研究室
連絡先043-291-9992
区分(部会名)関東東海農業
専門土壌
分類普及
背景・ねらい持続的農業の推進や、硝酸イオンの地下水への流亡防止などの観点から、土壌診断の現場
で硝酸イオンを分析する必要性が高まっている。紫外域の吸光度を利用した測定は非常に
手軽な方法であるので、土壌中の硝酸態窒素の定量への適用性を検討した。
成果の内容・特徴
  1. 硝酸イオン濃度が0~20ppmの範囲で高くなると、210nm吸光度は0~2.8で直線的に
    高くなる(図1)。定量限界は0.2ppmであり、紫外吸光度法では0.2~20ppmの範囲で硝
    酸イオンを定量できる。
  2. 風乾土1gを水100mlで浸出した液の硝酸イオン濃度は、常法(銅・カドミウム還元-
    ナフチルエチレンジアミン比色法)に比べて、紫外吸光度法では2~4ppm高くなる土壌が
    多い(図2)。この浸出液には亜硝酸イオンが含まれないので、土壌粒子による濁りとタン
    パク質、アミノ酸、有機酸などの影響で、吸光度が高くなるものと推測される。
  3. 水の浄化で凝集剤として利用されている塩化アルミニウムの0.01%溶液で浸出すると、
    紫外吸光度法による硝酸イオン濃度は、0.5ppm程度高いが常法に近い値となる(図3)。
  4. 以上から、風乾土1gに0.01%塩化アルミニウム(AlCl3・6H2O)溶液100mlを加え、
    30分振とう後に、ろ過(ろ紙No.6)して得られた溶液の210nmの吸光度から、溶液中の
    硝酸イオン濃度(NO3-)を0.2~20ppm、すなわち土壌中の硝酸態窒素含量(NO3-N)
    を0.5~45mg/100gの範囲で測定できる(溶液中の硝酸イオン濃度×2.26=土壌中の硝酸
    態窒素含量)。測定値は常法より硝酸イオン濃度で0.5ppm、硝酸態窒素含量で1mg/100g
    程度高くなる。
成果の活用面・留意点
  1. 測定値は常法より若干高くなるが、土壌診断において次作の施肥量を算出する場合には
    問題にならない程度である。
  2. 分解しやすい有機物が特に多い土壌(可給態窒素含量15mg/100g以上)では、硝酸イ
    オン濃度は2ppm程度高くなる。
  3. 標準試料には、0.01%塩化アルミニウム溶液で、硝酸カリウムを溶解した硝酸イオン濃
    度が0~20ppmの溶液を用いる。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分土壌保全
研究期間2000~2000
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat