トラクタ直装式レタス収穫機

トラクタ直装式レタス収穫機

タイトルトラクタ直装式レタス収穫機
担当機関長野県農業総合試験場 農業機械部
連絡先026-278-5550
区分(部会名)関東東海農業
専門作業
研究対象葉茎菜類
分類普及
背景・ねらい長野県におけるレタスの収穫作業は手作業で行われている。作業は長時間にわたる腰を曲げた姿勢で行われ、作業者の健康を損ねている。また、レタスは軟弱であることから、これまで収穫の機械化が難しかった。そこで、レタスに損傷を与えずに収穫が可能で、作業者の作業姿勢を改善できる収穫機を開発してレタス収穫作業の軽労化を図る。
成果の内容・特徴
  1. 全面マルチ栽培のレタスの収穫から箱詰めまでを立ち姿勢の作業者2人(調製作業者、箱詰め作業者)でできるレタス収穫機を開発した(図1)。
  2. 本機は、11kW(15PS)程度のトラクタ(全面マルチャ用トラクタを推奨)にオフセット装着する。走行はトラクタ車輪をうね間に入れて無人で微速走行させる。本機は右側の切り取り装置、搬送装置、調製作業部、後部の貯留・搬送装置、乳汁洗浄装置、箱詰め作業部からなり、動力はトラクタPTOを用いる(図1)。
  3. 収穫は、①切り取り装置で栽植状態のレタスを外葉付きのまま地際で切り取る、②搬送装置によって70cm程度の高さまで急角度で持ち上げる、③調製作業者が手作業で調製する、④貯留・搬送装置で一時貯留しながら横方向に搬送する、⑤乳汁洗浄装置が切り口から滲み出た乳汁を自動洗浄する、⑥箱詰め作業者が選別しながら箱詰めする、工程で構成される。
  4. 本機を用いた作業体系は慣行収穫作業体系と同様にレタスの切り取りから箱詰めまでの作業がほ場内で完了できる。
  5. 本機は、うねの硬さに応じて切り取り装置の荷重を調節し、レタスの大きさに合わせて搬送装置の挟持幅を調節できるので、深切りや損傷なしにレタスを切り取り、搬送できる(表1)。
  6. 収穫の作業能率は手作業の調製作業によって限定され、作業速度が0.03~0.04m/sとなるため、おおよそ慣行手作業と同程度である(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 傾斜ほ場では精度が劣ったり、作業不可能な場合がある。
  2. 全面マルチの上をトラクタが走行するため、収穫後にマルチが剥ぎにくくなる場合がある。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間2000~2003
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat