アメダス気象情報を利用したリンゴ黒星病発生予察情報提供システム

アメダス気象情報を利用したリンゴ黒星病発生予察情報提供システム

タイトルアメダス気象情報を利用したリンゴ黒星病発生予察情報提供システム
要約アメダス気象情報を利用したリンゴ黒星病発生予察情報提供システムは、長野県内農政イントラネット(ALPSネット)の端末から、アメダス観測地点でのリンゴ黒星病発生予察情報を取り出すことができる。
担当機関長野県農業総合試験場 経営情報部
連絡先026-246-2411
区分(部会名)関東東海農業
専門情報処理
研究対象果樹類
分類指導
背景・ねらいリンゴ黒星病は、果実に直接被害が発生し、果実品質・収量に大きく影響を及ぼすリンゴの主要病害である。薬剤によるスケジュール防除体系はほぼ確立しているが、環境への負荷を軽減するために農薬散布量の削減が強く求められている。そのため、必要最低限の薬剤散布で効率的な防除を行うには、発生予察に基づいた防除が必要となる。既に黒星病発生予察機器は販売されているが高価であるため、長野県のように栽培地域が広範囲であると地域毎に予察機器を設置することは費用面から困難である。そこで、リンゴ黒星病感染予測モデルとアメダス気象情報を利用して、広範囲の発生予察情報を提供するシステム構築を行った。
成果の内容・特徴
  1. リンゴ黒星病感染予測モデルは気温と葉の濡れ時間から黒星病感染予測を行うMillsの感染予測モデルを利用している。
  2. 感染予測に必要な葉の濡れ時間は、降水量及び降水時刻より推定を行っている。ルール化として、以下の4点を採用している(図1)。
    • 降水があると葉の濡れが開始する。
    • 降水終了後2時間まで、濡れが継続する。
    • 降水終了後2時間以内に再度降水があった場合、濡れは継続している。
    • 夜間(午後8時~午前7時)は降水が終了しても午前7時まで濡れが継続する。
  3. リンゴ黒星病感染予測モデルに基づいてアメダス気象情報を利用した発生予察情報提供システムを構築した。本システムは黒星病の重要な防除時期となる4~7月にかけて、気象協会より受信しているアメダスデータを基に、場内のコンピュータで感染予測を1時間ごとに行い、その結果をwwwサーバ(ALPSネット)で提供をするものである(図2、図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 他病虫害の発生状況とあわせて防除時期等の判断をする必要があるため、情報提供は普及センター等指導機関までとし、生産者への開示は文書、または口頭で行う。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間2000~2000
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat