新梢の摘心位置が欧州系ぶどう「マリオ」の果粒肥大に及ぼす影響

新梢の摘心位置が欧州系ぶどう「マリオ」の果粒肥大に及ぼす影響

タイトル新梢の摘心位置が欧州系ぶどう「マリオ」の果粒肥大に及ぼす影響
要約根域制限し短梢せん定で栽培している欧州系ぶどう「マリオ」に対し摘心を行う際、摘心位置を房に近づけることにより樹勢を抑制することができ、果粒の肥大が促される。
キーワード欧州系ぶどう、短梢せん定、摘心、果粒肥大
担当機関茨城園研 果樹研究室
連絡先0299-45-8340
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、普及
背景・ねらい欧州系ぶどうは樹勢が強く、樹冠を拡大することにより樹勢を落ち着かせ、安定生産がなされている。近年、色・形などに特徴のある欧州系ぶどうに対する嗜好が高まる中で、いくつかの品種が育成されているが、安定的な栽培技術はまだ確立していない。
そこで、欧州系ぶどう「マリオ」の短梢せん定栽培において新梢の摘心位置が生育・果実品質に及ぼす影響について検討した。
成果の内容・特徴
  1. ハウス内で樹冠面積の1/10を盛土で根域制限し、短梢せん定で栽培している欧州系ぶどう「マリオ」(樹齢14年生、台木5BB)に対し、新梢先端部の摘心を開花前(図1)に行い、生育および果実品質を調査した(1樹亜主枝間処理、1区新梢5本調査)。
  2. 新梢に対し摘心を行うと、無摘心区と比べて果粒肥大が促され裂果が多くなるが、摘心位置を着房位置に近づけることにより1果粒重が大きくなり、裂果の発生も少なくなる(表1)。
  3. 摘心後発生する副梢のそれぞれの葉枚数は、房先からの副梢の葉枚数を少なく、房基からの副梢の葉枚数を多く管理することにより、果粒が大きくなる(表2)。
  4. 乾物重の器官別構成比は、摘心位置が房から離れるほど新梢茎への分配が多くなるのに対し、摘心位置が房に近づくほど果実への分配が多く、果実生産効率は高くなる(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 摘心は新梢先端をハサミで切除するのではなく、新梢の未展葉部分を指先で摘むようにして行う。
  2. 樹勢の強弱により摘心位置を変え、樹勢が弱いものは房先5枚で摘心を行い、葉面積を確保する。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1996~2003
研究担当者江橋賢治、佐久間文雄、寺門巌
発表論文寺門・江橋・佐久間 (2001) 園学雑 70(別2):224
発行年度2001
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat