牛ふん堆肥施用初期における赤黄色土露地野菜畑からの窒素溶脱

牛ふん堆肥施用初期における赤黄色土露地野菜畑からの窒素溶脱

タイトル牛ふん堆肥施用初期における赤黄色土露地野菜畑からの窒素溶脱
要約赤黄色土露地畑におけるキャベツ、スイートコーンの栽培において、牛ふん堆肥施用1年目の硝酸性窒素浸透量は化学肥料単用より低減する。また、肥効調節型肥料を利用しても同様に低減する。
キーワード赤黄色土、キャベツ、スイートコーン、硝酸性窒素浸透量、牛ふん堆肥
担当機関愛知農総試 豊橋農業技術センター 畑地土壌研究室
連絡先0532-61-6235
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、参考
背景・ねらい野菜集約栽培地帯では生産性を維持するため化学肥料や家畜ふん堆肥を多量施用する傾向があり、硝酸性窒素の地下水汚染が深刻になってきている。しかし、一方では地域から排出される家畜ふん堆肥等のリサイクル化を促進することも重要である。そのためには環境負荷軽減が可能な家畜ふん堆肥の適正施用基準を検討する必要がある。そこで、作物収量並びに栽培期間における浸透水中の硝酸性窒素の挙動を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 赤黄色土露地畑において、省力化のため牛ふん堆肥の3年分(10アール当たり10t)を1度に施用すると、慣行量の化学肥料の併用では堆肥施用直後の冬作キャベツでは約30%減収し、併用する化学肥料を半減すると激減する。その後の夏作スイートコーンでは、併用する化学肥料を慣行の半量にしても同程度の収量が得られる(図1)。
  2. 堆肥施用直後のキャベツ栽培期間における窒素収支では、併用化学肥料窒素の有機化があり、地表下1m以下の土層への浸透量は、速効性化学肥料単用区の半分以下で、緩効性肥料区と同程度である(表1)。
  3. 堆肥施用後2作目の夏作スイートコーンでは、併用化学肥料の顕著な有機化はなく、前作で有機化された化学肥料由来窒素の再無機化を合わせた施肥由来窒素の吸収量が堆肥併用区で最も多くなったが、1m以下への窒素浸透量は化学肥料単用に比べて50~70%と顕著に少ない(表2)。
  4. キャピラリーバケットの上端が地表下40cmになるよう試験区中央に設置したキャピラリーライシメーター(縦30×横60cm、壁高60cm)へのキャベツ、スイートコーン栽培期間の浸透水量(かん水量300~400mmを含む)は堆肥施用により、土壌の保水性の顕著な増加と1m以下への浸透水量の減少が認められる(図2、表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 牛ふん堆肥多量施用後の1作目で施肥窒素の有機化が認められる場合は、生育初期の追肥が必要になる。
  2. 保水性の増加等物理性改善効果の大きい粘質土壌に適用できる。
  3. 2年次以降については、堆肥施用区の夏作では施肥量を慣行の半量以下にする。冬作についても堆肥からの窒素発現量を考慮して減肥が可能である。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
図表
予算区分指定試験
研究期間1999~2001
研究担当者山田良三、白井一則
発行年度2001
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat