ホウレンソウべと病菌の新レースの発生および抵抗性品種

ホウレンソウべと病菌の新レースの発生および抵抗性品種

タイトルホウレンソウべと病菌の新レースの発生および抵抗性品種
要約ホウレンソウべと病菌(Peronospora farinose f. sp. spinaciae)に新たなレースが発生し、日本各地への広がりが確認された。‘エーデルワイズ’、‘躍太郎’、‘勇太郎’、‘マジック’の4品種は、レース3、4、新レースの全てに抵抗性である。
キーワードホウレンソウべと病、レース、Peronospora farinose f. sp. spinaciae、抵抗性品種
担当機関関東野菜研究グループ(野菜茶研 葉根菜研究部 病害研究室)
連絡先0298-38-7035 / cichorii@affrc.go.jp / cichorii@affrc.go.jp
区分(部会名)野菜茶業
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、普及
背景・ねらいホウレンソウべと病菌には、これまでにレース1から4の発生が知られており、それらのレースに対する抵抗性品種の利用によって防除してきた。しかし、レース1から4に抵抗性であるホウレンソウ品種にべと病が発生したため、分離された病原菌のレース検定を行う。また,日本でのべと病菌レースの広がりを把握するとともに、抵抗性品種のスクリーニングを行った。
成果の内容・特徴1.
2000年2月に福井県でべと病菌レース4に対する抵抗性ホウレンソウ品種に発生が確認されたべと病菌は、レース3と4と比較してホウレンソウ品種に対する反応が異なり、これまでに報告がない新レースである(図1、表1)。
2.
各地で発生しているべと病菌のレースを検定した結果、秋田、宮城、茨城、群馬、千葉、福井、広島および徳島の計8県でこの新レースの存在が確認された(表2)。
3.
べと病菌の各レースを市販されている144品種のホウレンソウに接種した結果、‘エーデルワイズ’、‘躍太郎’、‘勇太郎’、‘マジック’では、レース3、レース4および新レースの全てにおいて発病は認められず、今回試験に用いた全てのホウレンソウべと病菌レースに対して抵抗性を有する(表3)。
成果の活用面・留意点1.
べと病菌新レースが発生している地域においても抵抗性品種の利用により、べと病の発生を防ぐことができる。
2.
品種に関する情報は、ホウレンソウべと病抵抗性について限定した情報である。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分交付金
研究期間2002~2002
研究担当者佐藤衛、山内智史、白川隆、堀内誠三(東北農研)
発表論文1) Satou et al. (2002) J. Gen. Plant Pathol. 68 (1):49-51.
2) 佐藤ら (2002) 北日本病虫研報 53:46-48.
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat