ロングマット水耕苗移植・直播を導入した水田複合経営の収益性

ロングマット水耕苗移植・直播を導入した水田複合経営の収益性

タイトルロングマット水耕苗移植・直播を導入した水田複合経営の収益性
要約水稲省力化技術と麦・大豆による複合経営では、直播とロングマット水耕苗技術を組み合わせにおいて所得が高まる。特に不耕起乾直を組み合わせた場合、水稲生産コストを低減し高い収益性が得られる。
キーワードロングマット水耕苗、直播、複合経営、コスト低減
担当機関茨城農総セ 農業研究所 経営技術研究室
連絡先029-239-7210 / n-keiei@agri.pref.ibaraki.jp / n-keiei@agri.pref.ibaraki.jp
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、参考
背景・ねらい稲作の省力化・低コスト化に対する要望は高く、茨城県農業研究所では、ロングマット水耕苗移植技術(以下ロングマット水耕苗)、汎用型ディスク駆動式不耕起播種機による不耕起乾田直播技術(以下不耕起乾直)、および打込式代かき同時施肥播種機による湛水土中点播栽培技術(以下湛水点播)について現地実証試験を行ってきた。他方、米の需給バランスを安定させるために生産調整は依然として重要になっている。そこで、水稲省力化技術を導入し、麦・大豆による水田転作を行う営農モデルにおいて最適組み合わせを提示する。
成果の内容・特徴1.
労働時間の軽減されるロングマット水耕苗では、土付き苗に比べて労働時間当り所得が向上し水稲60kg当り生産費が低減する。一方、作付け面積は土付き苗と同等に止まるため所得が低下する(表1シミュレ-ション1)。
2.
湛水点播の場合、労働時間当り所得の増加、水稲60kg当り生産費の低減はロングマット水耕苗よりも大きい。経営面積が拡大し、所得においても土付き苗を上回ることができる(表1シミュレ-ション2)。
3.
湛水点播+ロングマット水耕苗では、収穫作業の競合を回避できる作付けにより水稲総生産量を高めることができ、湛水点播のみに比べて所得が向上する(表1シミュレ-ション3)。湛水点播は耕地面積11haから採用され、作付け面積の限界では水稲の70%が湛水点播となる(図1)。
4.
不耕起乾直+ロングマット水耕苗の組み合わせは水稲総生産量が最も高まる。このため所得、水稲60kg当り生産費は体系のなかで最も有利となる(表1シミュレ-ション4)。不耕起乾直は耕地面積11haから採用され、作付け面積の限界では水稲の65%が不耕起乾直となる(図2)。
成果の活用面・留意点1.
試験を行った県央に位置する現地は、土壌型からみて各水稲省力化技術が導入可能(茨城県普通作栽培基準)とされる半湿田の黒ボクグライ土である。圃場整備により作業条件は良好であり、麦・大豆での高い転作割当(38%)に対応している。したがってこうした条件以外への成果適用には留意する。
2.
作付体系は麦・大豆-麦・大豆-水稲-水稲-水稲の5年7作の輪作である。転換田初年目は代かきで整地を行えるロングマット水耕苗、または湛水点播技術で対応する。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分地域基幹(国補)
研究期間1998~2002
研究担当者草野謙三、茅根敦夫
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat