養液土耕栽培における、キュウリの仕立て方と指標に基づく窒素施肥量

養液土耕栽培における、キュウリの仕立て方と指標に基づく窒素施肥量

タイトル養液土耕栽培における、キュウリの仕立て方と指標に基づく窒素施肥量
要約抑制ならびに半促成キュウリの主枝1本仕立て摘心栽培で、葉の増加枚数をもとにして作成した養液土耕栽培用の施肥指標は、主枝複数本仕立てや、つる下ろし栽培にも利用でき、窒素施用量の削減が可能である。
キーワードキュウリ、養液土耕、窒素施肥、仕立て方、環境保全型栽培技術
担当機関神奈川農総研 生産技術部
連絡先0463-58-0333 / sato@agri.pref.kanagawa.jp / sato@agri.pref.kanagawa.jp
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、普及
背景・ねらいキュウリは多肥栽培される傾向があり、現地では年2作合計で7kg/a以上の窒素が施用されている。神奈川農総研では、昨年度、生産者が容易にできる養液土耕栽培の管理方法として、葉の増加枚数をもとにした施肥指標を開発した。現地では、品種や施設環境、投下労働量などによって、さまざまな仕立て方が行われているため、本施肥指標の適応性を検討し、汎用的な技術とする。
成果の内容・特徴1.
抑制栽培(品種「なおよし」)、半促成栽培(品種「シャープ301」)を主枝15節摘心栽培で作成した施肥指標をもとに栽培すると、葉数の増加程度によってリアルタイムな施肥調節が行われる(図1)。いずれの仕立て方でも生育盛期と生育停滞期の窒素施肥量の差は、2倍程度の増減となる(表1、2)。
2.
抑制栽培、半促成栽培とも、仕立て方によって収量は異なるが、総窒素施肥量はほぼ同等の値となる(表1、2)。
3.
もっとも施肥量が多かった抑制栽培(主枝8節摘心)と半促成栽培(4本仕立て22節摘心)の2作合計の窒素施肥量は4.86kg/aであり、神奈川県の慣行栽培(15節摘心)に比較して35%の窒素を節減できる(表1、2、図1)。
4.
いずれの仕立て方でも、土壌中の硝酸態窒素濃度は平均10mg/100g以下に推移し、低濃度に維持できる(図2)。
成果の活用面・留意点1.
適正かん水量はほ場条件により異なるので、適宜調節する。
2.
葉数を調査する際は、あらかじめ調査株を決めて2週間ごとに1回5株以上、葉幅10cm以上の葉を計測し、葉数の平均値と栽植密度に基づいて早見表を参照する。
3.
窒素とカリについては、硝安と硝酸カリをN:K2O=1:1となるように調整した液肥を用い、他の成分は基肥として施用しておく。
4.
本施肥指標は、以下の窒素吸収量推定式に基づいたものである。
抑制キュウリの窒素吸収量(g/a/14日)=葉の増加枚数(枚/m2/14日)×3.83+185.8(8月まき10~12月どり)
半促成キュウリの窒素吸収量(g/a/14日)=葉の増加枚数(枚/m2/14日)×4.41+218.9(1月まき3~7月どり)
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分国庫補助(地域基幹)
研究期間1999~2003
研究担当者高柳りか、佐藤達雄、松浦京子
発表論文1)佐藤ら(2000) 園学雑69別2:353.
2)佐藤ら(2001) 園学雑70別2:275.
3)佐藤ら(2002) 園学雑71別2:323.
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat