子宮角深部注入用カテーテルを用いた豚の人工授精

子宮角深部注入用カテーテルを用いた豚の人工授精

タイトル子宮角深部注入用カテーテルを用いた豚の人工授精
要約子宮角深部に精液を注入可能なカテーテルを用いて、精液10ml(精子数10億)で人工授精(AI)を行い、その作業性や受胎・分娩成績等を、スパイラルカテーテルを用いた精液100ml(精子数100億)でのAIと比較したところ、いずれの方法も同等の成績であった。
キーワード豚、人工授精、深部注入
担当機関生物工学研究室
千葉畜総研 生産技術部 養豚養鶏研究室
連絡先043-445-4511 / t.emr@mb.chiba.jp / t.emr@mb.chiba.jp
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、普及
背景・ねらい豚の人工授精(AI)は,優良種雄豚の精液を有効に活用するためや作業の効率化・生産コストの削減を図ることが可能なため,ここ数年その利用が増えている。現在,AIには子宮頚管に精液を注入するスパイラルカテーテルが一般的に使用されているが,近年,子宮のより深部(子宮体部や子宮角)に精液を注入可能なカテーテルが開発されている。このカテーテルでAIを行えば,より少ない精液量でのAIが可能となり,より効率的に精液を利用することができる。そこで今回,子宮角の深部に精液を注入可能なカテーテルを用いて,その作業性や受胎・分娩成績等を従来の方法と比較検討した。
成果の内容・特徴1.
供試豚32頭について、子宮角深部注入用カテーテル(FFX)を用いた精液10ml(精子数10億)でのAIとスパイラルカテーテル(SC)を用いた精液100ml(精子数100億)でのAIにおける受精率、正常胚回収率に有意な差は認められなかった(表1)。
2.
供試豚45頭について、FFXを用いた精液10mlでのAIとSCを用いた精液100mlでのAIについて、受胎率、作業性等を比較したところ、その成績に有意な差は認められなかった(表2)。
3.
供試豚16頭について、FFXとSCでのAIによる分娩成績を比較したところ、その成績に有意な差は認められなかった(表3)。
以上の結果から、FFXによるAIは少量の精液であっても、従来のSCによるAIと同等の成績を示し、野外での応用が十分可能であり、精液の効率的利用に有効であると考えられた。
成果の活用面・留意点1.
当該カテーテルは、動物用医療用具としての申請を準備中であり、現在は雑貨として輸入されている。
2.
現在の価格(雑貨)は、600円/本程度。動物用医療用具として認可されれば、価格の上昇が予想される。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1999~2003
研究担当者園原邦治、牛島仁、江森格、高橋圭二、山口倫子、中根崇
発表論文1)江森ら(2002)第78回日本養豚学会
2)中根ら(2002)第78回日本養豚学会
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat