微生物農薬を基軸としたイチゴ炭疽病、うどんこ病の防除体系

微生物農薬を基軸としたイチゴ炭疽病、うどんこ病の防除体系

タイトル微生物農薬を基軸としたイチゴ炭疽病、うどんこ病の防除体系
要約親株定植後から本ぽ・開花期のイチゴ炭疽病及びうどんこ病防除において、タラロマイセス・フラバス水和剤と化学農薬を交互に、または2回おきに散布する防除体系は、化学農薬のみの散布と防除効果は同等で、化学農薬(殺菌剤)の散布回数を1/3~1/2削減できる。
キーワードイチゴ、タラロマイセス・フラバス水和剤、炭疽病、うどんこ病
担当機関生物工学部 応用生物研究室
栃木農試 環境技術部 病理昆虫研究室
連絡先028-665-7149
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、普及
背景・ねらいタラロマイセス・フラバス水和剤は、イチゴ炭疽病とうどんこ病を防除対象とした微生物農薬であるが、「予防効果を主体とする微生物農薬」という特性が理解されていないことから、十分な防除効果が得られない事例が見られる。
そこで、イチゴの重要病害である炭疽病、うどんこ病を対象に、本剤を主とした親株床~開花期の防除体系モデルを設定、実証することで、イチゴに対する化学農薬の散布回数削減を図る。
成果の内容・特徴1.
親株床~本ぽ・開花期に、発病前からタラロマイセス・フラバス水和剤を化学農薬と交互に(防除体系 I)、または2回おきに散布する(防除体系 II)。これらの防除体系では、本剤を用いることで化学農薬(殺菌剤)の散布回数を慣行防除(化学農薬 II)より1/3~1/2削減できる(表1)。
2.
育苗期での本剤の使用は、炭疽病の発生を著しく抑制し、化学農薬のみの散布区に比べて防除効果は同等かやや優る(図1)。
3.
本ぽでの本剤の使用は、うどんこ病の発生を著しく抑制し、化学農薬のみの散布区に比べて防除効果は同等である(図2)。
4.
本剤を使用する防除体系では、イチゴ植物体からTalaromyces flavusが分離され、化学農薬散布後も本菌のイチゴへの定着を確認できる(図3)。
成果の活用面・留意点1.
タラロマイセス・フラバス水和剤の防除効果は予防効果が主体であるので、発病前から散布を始める。
2.
本剤の散布は、T.flavusがイチゴ植物体に十分定着するよう、濡れ時間が確保しやすい夕刻に行い、夜間は多湿条件を保つ。
3.
本剤は水和剤であるため、収穫期に散布すると果実が汚れるおそれがあるので、開花期までの使用とする。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間2002~2002
研究担当者野沢英之、石川成寿
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat