平行棒式コンケーブによる大豆の汚粒および脱穀・選別損失低減技術

平行棒式コンケーブによる大豆の汚粒および脱穀・選別損失低減技術

タイトル平行棒式コンケーブによる大豆の汚粒および脱穀・選別損失低減技術
要約軸流コンバインによる大豆収穫作業において脱穀部シリンダ回転軸と平行に丸棒を配置した平行棒式コンケーブの棒間隙を広くすることによって茎莢の通過性および子実の漏下性を向上させることができ、汚粒および脱穀・選別損失を低減することができる。
キーワード大豆、軸流コンバイン、コンケーブ、汚粒、脱穀損失、選別損失
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 中央農業総合研究センター 作業技術研究部 機械作業研究室
連絡先029-838-8813
区分(部会名)関東東海北陸農業
区分(部会名)共通基盤
分類技術、参考
背景・ねらいコンバインによる大豆収穫作業では、青立ち株や雑草等の混入による汚粒が問題となっている。軸流コンバインでは排塵弁角度を大きくすることによって茎莢の通過性が向上し汚粒は低減するが、脱穀・選別損失が増加する等の問題がある。また、汚粒低減を目的としたコンケーブはない。
そこで、汚粒を低減するために必要なコンケーブの機能を明らかにし、コンケーブ改良により汚粒および脱穀・選別損失を低減する技術を開発する。
成果の内容・特徴1.
ヘッダーから脱穀部入口までの裂莢は少なく、脱穀部入口から20cm程度まででほとんどの莢が裂莢する。したがって、汚粒低減には茎莢と子実を早急に分離できるコンケーブが必要である。
2.
平行棒式コンケーブ(P34)はシリンダ回転軸と平行に丸棒が配置されており、丸棒の間隙は34mmである(図1)。
3.
標準では刈り取られてから5秒経過後も排塵口(脱穀部入り口から125cm)から茎莢は排出されない(図2)。また、入口付近に4秒以上滞留する茎莢がある。P34では茎莢は3秒程度で排塵口に達し入口付近での滞留時間は2秒程度であり、選別部への落下も多い。これらのことから、P34は茎莢の通過性が良く子実の漏下性が高い。
4.
標準、P34とも莢水分が高くなるに従って脱穀・選別損失は上昇するが、同じ莢水分ではP34の方が低くその増加率も低い(図3)。また、グレンタンク内の未脱粒割合は、P34で0.39%、標準で0.41%で脱穀精度は同程度である。
5.
茎莢含有水分流量が上がるに従って汚れ指数は上昇するが、P34の方が標準より低い(図4)。
成果の活用面・留意点1.
扱歯式シリンダ脱穀部を持つ軸流コンバインに適用できる。
2.
平行棒式コンケーブは市販されているが、大豆に使用する場合には補強が必要である。
3.
品種適応性、耐久性、強度等について今後検討する必要がある。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分ブラニチ2系
研究期間2002~2005
研究担当者梅田直円、金谷豊、長坂善禎、国立卓生
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat