GnRH,FSH製剤投与により誘起した卵胞発育波での過剰排卵誘起(Wavesynch-SOV)による採胚成績の改善

GnRH,FSH製剤投与により誘起した卵胞発育波での過剰排卵誘起(Wavesynch-SOV)による採胚成績の改善

タイトルGnRH,FSH製剤投与により誘起した卵胞発育波での過剰排卵誘起(Wavesynch-SOV)による採胚成績の改善
要約発情後6日(Day 0)に低容量GnRHを投与後、FSH単回投与(0.5日)で卵胞発育波刺激後に、過剰排卵(2.5日開始)を行うことで従来のWaveSynchによる過剰排卵法より良好な採胚成績が得られる。
キーワードGnRH、過剰排卵、卵胞発育波、酢酸フェルチレリン、胚生産、ウシ
担当機関新潟農総研 畜産研究センター 繁殖工学科
連絡先0256-46-3103
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、参考
背景・ねらい過剰排卵誘起処置 (SOV)ホルモン剤に対する反応性は、個体差が大きく安定しない。近年、発情周期中に2~3回の卵胞発育が繰り返される卵胞発育波(FW)の存在が明らかとなり、SOV開始時に存在する主席卵胞(DF)が他の卵胞の発育に影響を及ぼし、採胚成績を左右することが知られている。我々は発情後6日目にGnRH製剤25
μg投与、その後2.5日目よりSOV(Wavesynch-SOV)を開始することで採胚成績が向上することを示したが、FW誘起を目的としたGnRHに、さらにFSHを加えた過剰排卵スケジュールを検討する。
成果の内容・特徴1.
過剰排卵スケジュールを図1に示す。発情後6日目(Day 0)にGnRH製剤(酢酸フェルチレリン)25μg、その0.5日後にFSHをホルスタイン種経産牛に投与すると、GnRH処置に比べGnRH処置1.5日目の小型(4~7mm)卵胞数が上昇するが、大型(10 mm以上)卵胞数には違いが見られない(図2)。
2.
SOV開始に伴い卵胞の発育が観察され、人工授精(AI)12時間前には多数の発育した卵胞が確認され、AI後24時間目には大部分の卵胞が排卵する(図2)。
3.
採胚成績は表1に示すとおり、GnRH+FSH処置でAランク胚数が上昇する。
4.
以上の結果から発情後6日目に25μgのGnRH、その0.5日後にFSHを投与し、GnRH投与後2.5日からSOVを開始するWavesynch-SOVにより胚生産がさらに向上する。
成果の活用面・留意点1.
25μgのGnRHは少量であるため、ツベルクリン用の注射筒と21G針を用い確実に投与する。
2.
全く過剰排卵処置に反応しない牛あるいは正常胚が全く回収できない牛に対して、100%効果を期待できるものではなく、そのような牛に対する効果的な方法の検討も必要である。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間2000~2002
研究担当者佐藤義政、佐藤太郎、中田健(酪農学園大学)、内山保彦、梅田雅夫
発表論文佐藤 (2001) 北海道牛受精卵移植研究会会報 20: 30-31佐藤ら、(2002) J. Repro. Dev. Suppl. 47: a32Sato et al. (2002) XXII World Buiatrics Congress.佐藤ら、(2003) J. Repro. Dev. Suppl. 47: j95
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat