大豆レシチン添加によるα−リノレン酸強化豚肉の肉質改善

大豆レシチン添加によるα−リノレン酸強化豚肉の肉質改善

タイトル大豆レシチン添加によるα−リノレン酸強化豚肉の肉質改善
要約肉豚用飼料にアマニ油+ビタミンEに併せて大豆レシチン0.5%添加することで、α-リノレン酸含量は5倍程度含み、肉質検査のせん断力価は小さくなり、肉質改善の可能性が示唆された。
キーワードアマニ油、大豆レシチン、α-リノレン酸強化、n-6/n-3比、ブタ
担当機関石川畜総セ 飼養技術部 飼養管理科
連絡先0767-28-2284
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、参考
背景・ねらい飼料にアマニ油、ビタミンEを添加することで、一般豚に比べ豚肉中のα-リノレン酸が5倍程度多く含まれ、かつ、リノール酸などのn-6系列脂肪酸とα-リノレン酸などのn-3系列脂肪酸の比率(n-6/n-3比)が4程度となった。しかし、食味検査では「若干かたい」と評価された。
そこで、α-リノレン酸強化豚肉の肉質を改善するため、アマニ油に併せて大豆レシチンを飼料に添加し、その効果を検討する。
成果の内容・特徴生後120日齢前後から8週間、肉豚用飼料にα-リノレン酸を多く含むアマニ油、ビタミンE及び大豆レシチンを添加し給与した。食味検査は北陸学院短期大学の学生をパネラーとして実施する。
1.
日増体重は、3区、4区が2区に比べ低い値となった(表1)。
2.
肉質検査は各区間で有意差は認められなかった(表2)。
3.
ロース及び背脂肪の脂肪酸組成割合は、3区、4区が2区に比べα-リノレン酸含量が低下し、リノール酸含量が増加する傾向がみられた。また、n-6/n-3比はロースでは4.7程度、背脂肪においては3.1程度を保った(表3)。
4.
ロース肉の肉色検査は、a値(赤色)は各区間で差はみられなかったが、b値(黄色)は3区が2区に比べ有意に低くなる。
5.
ロース肉の食味検査は、4区は2区に比べ肉の柔らかさ、肉の歯切れ、舌ざわりなどについて良いと評価された(図1)。
成果の活用面・留意点1.
大豆レシチンを添加することで、α-リノレン酸が多く含む豚肉の肉質改善の参考になる。
2.
肉豚飼料への添加期間は、生後120日齢前後から8週間給与する必要がある。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間2001~2003
研究担当者常川久三、堀久夫(石川畜総セ)、坂井良輔、新澤祥恵、中村喜代美、三田陽子(北陸学院短期大学)柏倉真、村野賢博、船橋智子(日清オイリオ(株))
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat