小球開花性の高いユリ品種「95−64」、「94−17」、「97−4」

小球開花性の高いユリ品種「95−64」、「94−17」、「97−4」

タイトル小球開花性の高いユリ品種「95−64」、「94−17」、「97−4」
要約多花性で、小球開花性が高く、花色の異なるユリ種間雑種「95-64」、「94-17」、「97-4」を胚培養により育成した。花色は淡い桃色、鮮明な黄色、濃い赤色である。3品種とも草丈の伸びが良好で、栽培が容易である。
キーワードユリ、種間雑種、多花性、小球開花性、胚培養
担当機関福井園試 野菜花き研究グループ
連絡先0770-32-0009
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、参考
背景・ねらい福井県内で栽培されるユリの多くはシンテッポウユリであり、花色が白色に偏っているため、市場と生産者から多彩な花色のユリ切り花生産が望まれている。花色の多彩なスカシユリは、シンテッポウユリに比べて球根養成期間が長いため、栽培は少ない。このため、シンテッポウユリにスカシユリを交配し、胚培養により得られた種間交雑系統から球根養成期間が短く、花色と花姿が優れた個体を選抜した。
成果の内容・特徴1.
1994~1997年に交配し、胚培養で作出した種間交雑系統から花色の異なる3品種を選抜した。いずれの品種も多花性で、草丈の伸びが良く、茎が堅く、小球開花性が高い。
2.
「95-64」は1995年に「ひのもと新鉄砲」と「サンシロ」を交配した種間交雑種で、花色は淡桃色である(表1、図1)。
小球開花性が極めて高く、無菌増殖で得られた5mm程度の小球が1年で開花する(表2)。
3.
「94-17」は1994年に「北岳2号」と「イエローサブマリン」を交配した種間交雑種であり、花色は黄色である(表1、図1)。
小球開花性が高く、無菌増殖で得られた5mm程度の小球が1年で開花する(表2)。
4.
「97-4」は1997年に「91-49」(北岳2号×レッドルビー)に「コリナ」を交配した種間雑種で、花色は濃赤色、花弁に斑点があり、草丈が高い(表1、図1)。
成果の活用面・留意点1.
各品種とも茎は堅く、スカシユリのように茎を堅くするために灌水を控える必要はない。灌水量が不足すると、根張りが悪くなるため、ボリュームが不足する。
2.
葉枯病耐病性は、「若狭の歌姫」と同等の中程度であり、予防的に防除する。
3.
品種登録出願予定。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1994~2004
研究担当者滝修三、岩本祐佳、数馬俊晴、杉本義則、池田郁美
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat