早生良質小麦新系統「群馬W10号」の認定品種採用

早生良質小麦新系統「群馬W10号」の認定品種採用

タイトル早生良質小麦新系統「群馬W10号」の認定品種採用
要約早生、多収で品質及び加工適性に優れる小麦「群馬W10号」を認定品種に採用する。
キーワード小麦、群馬W10号、早生、製粉性、多収
担当機関埼玉農総研 米 麦担当
連絡先048-521-9465
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、普及
背景・ねらい高品質な小麦が求められている現状を踏まえ、製粉性・製めん適性が優れ、多収で早生の小麦「群馬W10号」を認定品種として採用することにより、埼玉県における小麦の高品質化と安定生産を図る。
成果の内容・特徴「農林61号」と比較して以下のような特徴がある。
1.
出穂期は4~7日程度、成熟期は2~5日程度早い(表1、2)。
2.
稈長は15cm程度短く、穂数はやや多い(表1、2)。
3.
耐倒伏性に優れる(表1)。
4.
うどんこ病にやや弱く、赤かび病は並、縞萎縮病には強い(表1、2)。
5.
収量性は10%以上優る(表1、2)。
6.
1リットル重、整粒歩合は同程度、千粒重は小さい(表1、2)。
7.
外観品質は優る(表1、2)。
8.
原麦粗蛋白質含有率はやや低く(表1、表2)、灰分も低い(表3)。
9.
製粉歩留は5%程度高く、60%粉の色の白さはやや低いものの、明るく、官能試験では、ゆでめんの色が優れ、粘弾性、なめらかさがやや優り、標準の農林61号よりも評価が高い(表3、4)。
成果の活用面・留意点1.
優れた特性を持ち県内全域に適するが、実製粉規模での実需者評価を得るために16年産10ha、17年産30haを県内小麦主産地である北埼玉郡、大里郡、児玉郡に作付けする。その後、団地栽培の実施可能な地域に導入し、順次増加させる。
2.
うどんこ病にやや弱く、赤かび病は並であるので適期防除に努める。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1998~2003
研究担当者武井由美子、箕田豊尚、山本和雄、上野敏昭、戸倉一泰、新井守、渡邉耕造、新井登
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat