水稲「関東209号」の奨励品種採用

水稲「関東209号」の奨励品種採用

タイトル水稲「関東209号」の奨励品種採用
要約水稲「関東209号」は本県において10月上旬に収穫する中生品種である。短稈で耐倒伏性が強く、粘りがあり良食味なので、奨励品種に採用する。
キーワード水稲、奨励品種、関東209号、良食味、中生品種
担当機関神奈川農総研 生物資源部
連絡先0463-58-0333
区分(部会名)関東東海北陸農業
分類技術、普及
背景・ねらい神奈川県では早生品種の「キヌヒカリ」に作付けが集中している。しかし、「キヌヒカリ」の収穫時期は9月下旬のため、秋雨や高温障害等の気象災害を受けやすく、乳白粒や胴割粒が多発する。また、同一水系においては「キヌヒカリ」中心の水管理が中晩生品種の「祭り晴」の品質、食味を低下させている。そこで「キヌヒカリ」と「祭り晴」の中間の熟期となる良食味品種を選定する。
成果の内容・特徴1.
「関東209号」の出穂期、成熟期は「キヌヒカリ」より7~10日遅く、「祭り晴」より3~5日早い、本県では中生品種である(表1)。
2.
稈長は「キヌヒカリ」より約4~11cm短く、「祭り晴」並の短稈である。耐倒伏性は「キヌヒカリ」並のやや強である(表1)。
3.
収量性は「キヌヒカリ」より優れ、「祭り晴」と同程度である(表1)。
4.
玄米千粒重は「キヌヒカリ」よりやや重く、粒色はやや濃飴である。茶米はやや多いが、見かけの玄米品質は「キヌヒカリ」に優る(表1)。
5.
食味は粘りがあり、「キヌヒカリ」並~やや良である(図1)。
6.
玄米のタンパク質含量は「キヌヒカリ」よりやや低く、「祭り晴」と同程度である(図2)。
7.
出穂前20日~14日の追肥は増収効果が高く、玄米のタンパク質含量が高まらない(表2)。
成果の活用面・留意点1.
普及地帯は県内全域。普及見込み面積は1000ha。
2.
分げつ期の葉色が淡いので、追肥は多肥にならないように注意する。
3.
出穂前20日以前の追肥は止葉が長くなり、出穂前7日以降の追肥は玄米のタンパク含量が高まる。
4.
白葉枯病の常発地域では、一度に多量の窒素肥料を施さない。籾枯細菌病については、種子消毒の徹底を図る。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間2001~2004
研究担当者大嶋保夫、北川高弘
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat