γ-アミノ酪酸(GABA)が多い発芽玄米用糖質米新品種候補「北陸169号」

γ-アミノ酪酸(GABA)が多い発芽玄米用糖質米新品種候補「北陸169号」

タイトルγ-アミノ酪酸(GABA)が多い発芽玄米用糖質米新品種候補「北陸169号」
要約「北陸169号」は寒冷地南部では中生の中に属する粳種で、短稈、偏穂重型の糖質米系統である。重量当たりのGABA含量が一般品種の3倍前後で、水溶性多糖(植物グリコーゲン)を乾物重当たり30%蓄積することから、発芽玄米および発芽玄米を添加したおにぎり、おはぎ等機能性食品としての加工利用が期待される。
キーワードイネ、機能性成分、GABA、発芽玄米、糖質米
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 中央農業総合研究センター 北陸地域基盤研究部 稲育種研究室
連絡先025-526-3239
区分(部会名)作物
区分(部会名)関東東海北陸農業
専門北陸
専門
研究対象水田畑作物
分類技術、普及
背景・ねらい近年、消費者の健康志向から、血圧降下作用のあるGABAを豊富に含む発芽玄米は、現在、年間1万5000トンの流通量と150億円を超える市場を形成するに至っている。そこで、発芽玄米の一層の消費拡大を図るため、GABAの量が多く、嗜好性を高めた発芽玄米用品種を育成する。
成果の内容・特徴1.
「北陸169号」は、1989年中央農業総合研究センター・北陸研究センター(旧北陸農業試験場)において新形質米品種の育成を目的として、糖質変異系統の「EM5」と「奥羽331号」(後の「ふくひびき」)を交配した後代から育成された糖質米系統である。
2.
出穂期は「コシヒカリ」より3日程度遅く、育成地では“中生の中”、成熟期は出穂後30日を目途とするため“早生の晩”に属する粳種である(表1)。
3.
稈長は“短”、穂長は中”、穂数は“やや少”、草型は“偏穂重型”で、脱粒性は“難”である(表1)。
4.
玄米の厚さは約1.5mmで極薄く、千粒重は15g程度と極軽く、収量は、「コシヒカリ」、「キヌヒカリ」より少なく、これらの品種の約60%である(表1)。
5.
発芽時の重量あたりのGABAの含有量は、「コシヒカリ」の3倍前後であり、水溶性多糖(植物グリコーゲン)を、乾物重あたり約30%含有する(表2)。
6.
いもち病真性抵抗性遺伝子はPiaとPibを併せ持つと推定され、葉いもち圃場抵抗性は“やや強”、穂いもち圃場抵抗性は不明である。穂発芽性は“極易”、障害型耐冷性は“弱”である。
7.
出穂後29日目から、籾の発芽率が上昇し、一方、籾重は、出穂後30日前後まで増加し、その後、一定となるので(図1)、出穂後30日を目途に収穫することで、穂発芽による品質低下を防ぐことができる。
成果の活用面・留意点
  1. 「北陸169号」は、1989年中央農業総合研究センター・北陸研究センター(旧北陸農業試験場)において新形質米品種の育成を目的として、糖質変異系統の「EM5」と「奥羽331号」(後の「ふくひびき」)を交配した後代から育成された糖質米系統である。
  2. 出穂期は「コシヒカリ」より3日程度遅く、育成地では“中生の中”、成熟期は出穂後30日を目途とするため“早生の晩”に属する粳種である(表1)。
  3. 稈長は“短”、穂長は中”、穂数は“やや少”、草型は“偏穂重型”で、脱粒性は“難”である(表1)。
  4. 玄米の厚さは約1.5mmで極薄く、千粒重は15g程度と極軽く、収量は、「コシヒカリ」、「キヌヒカリ」より少なく、これらの品種の約60%である(表1)。
  5. 発芽時の重量あたりのGABAの含有量は、「コシヒカリ」の3倍前後であり、水溶性多糖(植物グリコーゲン)を、乾物重あたり約30%含有する(表2)。
  6. いもち病真性抵抗性遺伝子はPiaPibを併せ持つと推定され、葉いもち圃場抵抗性は“やや強”、穂いもち圃場抵抗性は不明である。穂発芽性は“極易”、障害型耐冷性は“弱”である。
  7. 出穂後29日目から、籾の発芽率が上昇し、一方、籾重は、出穂後30日前後まで増加し、その後、一定となるので(図1)、出穂後30日を目途に収穫することで、穂発芽による品質低下を防ぐことができる。
具体的データ
表1
表2
図1
予算区分ブランドニッポン5系
予算区分重点研究強化費
予算区分21世紀プロ5系
予算区分次世代稲作
予算区分新形質米
研究期間1989~2005
研究担当者三浦清之、笹原英樹、後藤明俊、重宗明子、上原泰樹、小林 陽、太田久稔、清水博之、福井清美、小牧有三、大槻 寛
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat